トヨタ プレミオ (初代 2001-2007):コロナプレミオの後を継いだミディアムセダン [T24♯]

トヨタ プレミオ (初代 2001)

トヨタ自動車のミディアムセダン「プレミオ」の初代モデルは、「コロナプレミオ」の後継モデルとして2001年12月に発売されました。販売チャネルはトヨペット店で、同時にトヨタ店向けモデルとしてリリースされた「アリオン」とは基本設計を共有する姉妹車種の関係にありました。アリオンがスポーティさを売りにしていたのに対し、プレミオはシックなキャラクターが持ち味でした。

ホイールベースを延長

トヨタ プレミオ (初代 2001)

プラットフォームは5代目「ビスタ」と共通で、ボディタイプはコロナプレミオやアリオン同様4ドアセダンのみの設定でした。スタイリングは、コロナプレミオよりも丸みを帯びたフォルムとなったほか、アリオンに対してはメッキパーツの採用などにより差別化が図られていました。ボディサイズは、全長4,600mm×全幅1,695mm×全高1,470mmの5ナンバーサイズでした。

トヨタ プレミオ (初代 2001)

コロナプレミオとの比較では全高が60mm高められ、アリオンに対しては全長が50mm長く設定されていました。ホイールベースはビスタと共通の2,700mmで、コロナプレミオから120mm延長されました。駆動方式は従来同様FFとフルタイム4WDが設定され、サスペンション形式はそれまでの4輪ストラット式から、リアがFFはトーションビーム式に、4WDはダブルウィッシュボーン式に変更されました。

エンジンは3種類

トヨタ プレミオ (初代 2001)

エンジンは、1.5L直4の1NZ-FE型(最高出力109ps/最大トルク14.4kgm)、1.8L直4の1ZZ-FE型(FF:最高出力132ps/最大トルク17.3kgm・4WD:最高出力125ps/最大トルク16.4kgm)、2L直4直噴の1AZ-FSE型(最高出力152ps/最大トルク20.4kgm)の3種類が用意されました。トランスミッションは、1.5L/1.8Lには4速トルコン式ATが、2LにはCVTが組み合わせられました。

一方室内は、フロントシートのフラット化やリアシートの6:4分割可倒が可能であるほか、インパネはアリオンの漆黒調に対し木目調が採用されました。グレード体系は1.5Lの「F」、1.8Lの「X」、2Lの「G」の3タイプが基本で、さらにF/Xに「Lパッケージ」が、X/Gに「EXパッケージ」が設定されました。

トヨタ プレミオ (初代 2001)

その後2002年10月に、F/Xをベースに装備を簡略化して価格を抑えたエントリーグレード「スタンダードパッケージ」が追加されました。次いで2003年4月、1.5F/1.8X Lパッケージをベースに装備の充実化を図った特別仕様車「リミテッド」が設定されました。続いて2004年12月のマイナーチェンジにより、フロントグリルやバンパー、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプの意匠が変更されました。

同時に、内装色の変更や装備の充実化も図られました。次いで2006年8月、1.5F/1.8X Lパッケージをベースに装備の充実化を図った特別仕様車「プライムセレクション」が設定されました。そして2007年6月にフルモデルチェンジが実施され、現行型となる2代目モデルに移行しました。

プレミオ/アリオンの購入を検討している方はこちらもチェック

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

プレミオ/アリオン
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ