三菱 ミニカ/エコノ (5代目 1984-1989):駆動方式をそれまでのFRからFF/4WDに変更 [H11A/V・H14A/V・H15A/V]

三菱 ミニカ (5代目 1984)

1962年に初代モデルがデビューした三菱自動車工業の軽自動車「ミニカ」は、1984年2月に4度目のフルモデルチェンジを受け5代目モデルに移行しました。駆動方式がミニカシリーズ伝統のFRからFF及び4WDに変更された事が最大のトピックとなった他、セダンからアミLのサブネームが取れ初代モデル以来となるミニカの車名となりました。

歴代モデル初の5ドアを設定

三菱 ミニカ (5代目 1984)

ボディタイプは、セダンは当初それまでの3ドアから歴代モデル初となる5ドアに変更され、バンのミニカエコノは従来通り3ドアが踏襲されました。スタイリングは曲線基調の先代から一転し、直線基調のフォルムが採用されました。ボディサイズは全長3,195mm×全幅1,395mm×全高1,420mmで先代から全高が75mm高くなり、ホイールベースは210mm延長され2,260mmとなりました。

三菱 ミニカ (5代目 1984)

サスペンション形式はフロントは先代同様のストラット式を踏襲し、リアは5リンク/コイル式から3リンク/トーションアクスル式に変更されました。駆動方式はまずFFのみが設定され、エンジンは当初、先代に搭載された550cc直2SOHCのG23B型NA及びターボの改良型が採用されました。最高出力/最大トルクはNAセダン用が33ps/4.4kgm、同エコノ用が31ps/4.4kgm、ターボが42ps/5.8kgmでした。

三菱 ミニカ エコノ (5代目 1984)

トランスミッションは4速MTと2速トルコン式ATに加え、ターボ車に歴代ミニカシリーズ初の5速MTが採用されました。又、ターボ車はインタークーラー付となった他、フロントにこれもミニカシリーズ初となるディスクブレーキが採用されました。そして1985年5月、セダンにエコノと共通のボディを持つ3ドア車が、エコノにパートタイム4WD車が追加されました。

M/Cで直3エンジンに置換

同時に、セダンのトップグレード「XL」のフロントブレーキがディスク化されました。次いで1986年4月に、3ドアセダンにキャンバストップ仕様の「オープントップ」が追加されました。続いて1987年1月のマイナーチェンジでフェイスリフトが実施されると共に、エンジンが550cc直3SOHCの3G81型に置換されました。

最高出力/最大トルクはNAセダン用が32ps/4.2kgm、同エコノ用が30ps/4.2kgm、ターボが50ps/6.7kgmでした。同時にATが3速にアップグレードされた他、5ドアセダンにもパートタイム4WD車が設定されました。次いで1987年4月、エコノターボにエアロパーツが備わる新グレード「XR」が追加されました。

追って同年9月にエコノにビスカスカップリング式フルタイム4WD車が追加され、翌1988年1月にはエコノターボにフルエアロ仕様の「ZEO」が追加されると共に、パートタイム4WD車が廃止されました。そして1989年1月にフルモデルチェンジが実施され、6代目モデルに移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

三菱その他
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ