BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3 (F30 ’12-’15):低燃費と高性能を両立した同社のハイブリッド第3弾

シェアする

BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMWの主幹モデルであるDセグメント車「3シリーズセダン」は、2011年に6代目となる現行型にフルモデルチェンジし、日本には2012年1月にまずガソリンエンジン搭載グレードが導入され、次いで同年7月にBMWとして第3弾、3シリーズとしては初となるハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド3」が追加されました。同社の他のハイブリッドモデル同様、低燃費と高性能を両立させた事が特徴でした。

BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3 2015 (出典:bmw.co.jp)

セダンのみが用意されるボディのスタイリングは他の3シリーズセダンと共通で、「スポーツ」「ラグジュアリー」「モダン」の3種類のデザインラインと、専用のエアロパーツやアルミホイールなどを装備する「Mスポーツ」が設定される点も同一でした。全長4,625mm×全幅1,800mm×全高1,440mmのボディサイズや2,810mmのホイールベースも共通となる一方、車両重量は大幅に増加した1,740kgでした。

ハイスペックなハイブリッドユニット

サスペンションは他の3シリーズ同様の前:ダブルジョイント・ストラット式/後:5リンク式で、駆動方式はBMWのスタンダードであるFRが採用されました。ハイブリッドユニットは、3L直6ガソリンターボエンジン(最高出力306ps/最大トルク40.8kgm)とモーター(最高出力54ps/最大トルク21.4kgm)、そして8速トルコン式ATから構成され、システムとして最高出力340ps/最大トルク45.9kgmを発生するものでした。

BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3 2015 (出典:bmw.co.jp)

バッテリーはリチウムイオン式で、モーター単独走行の場合は最高速度75km/h、航続距離4kmのスペックでした。又、他の3シリーズ同様、アイドリングストップ機構や減速エネルギー回生システム、電動パワーステアリング、そして「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」にガソリン消費量を低減する「ECO PROモード」の設定など、各種の省エネ技術も踏襲されました。

動力性能・燃費性能とも良好

このパワートレインにより、3L直6ガソリンターボエンジン搭載の「335iセダン」(日本未導入)を凌ぐ0-100km/h加速5.3sの動力性能と、2L直4ガソリンターボエンジン搭載の「320iセダン」並みの16.5km/Lの燃費を両立させました。インテリアは基本的に他の3シリーズと同一となるものの、アクティブハイブリッド3独自の機能として4:2:4の分割可倒式リアシートが採用されました。

BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3 2015 (出典:bmw.co.jp)

そして2013年8月に一部改良を実施し、タッチパッド採用の「iDriveドライブコントローラー」や、事故発生時に通信機能を使ってサポートする「BMW SOSコール」と「BMWテレサービス」、そして「前車接近警告機能」「衝突回避・被害軽減ブレーキ」「レーンディパーチャー・ウォーニング」から構成される「ドライビングアシスト」が全グレードに標準装備されました。

BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3 2015 (出典:bmw.co.jp)

続いて2014年8月の一部改良で、全グレードに「アクティブ・クルーズコントロール」が標準装備されました。そして2015年8月のマイナーチェンジにより、新設計の3L直6ガソリンターボエンジンを搭載する新グレード「340i」が設定された事に伴い、アクティブハイブリッド3はカタログ落ちしました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます