【試乗】スズキ ハスラーGターボ

シェアする

suzuki_hustler_2014_g-turbo_01

ハスラーターボの感触が知りたくて

我が家のセカンドカー最有力候補、ハスラー。納期の問題もあるので、ターボかノンターボか、悩ましい問題を早く解決せねばとディーラーに向かった。

二名乗車では十分なパワー

前回、ハスラーのノンターボに試乗しているので、今回はターボ有無のフィーリングを中心にチェックした。結論としては、ディーラー担当者と二名乗車で市街地走行をしたが、十分な加速性能だった。スズキのノンターボ自体が、そんなにストレスを感じずに走る事が出来るので、ターボなら当たり前と言えるが、これと近い日に日産デイズのターボ車も試乗したので、その差は大きかった。

法定速度まで達する時間も短く、大きいクルマにアオられて嫌な思いをする事はほとんどないと思う。ハスラーに関してはノンターボでも全然オッケーな感じなので、お好きな方はターボも良いが、普通に使う分ならノンターボで十分。

やっぱり気になる納期

正月の初売りで、すでに爆発的な発注が入り、もはや消費税前は厳しい状況のハスラー。特に2トーンルーフは絶望的で、グレードの組み合わせによっては「夏」なんて事もあるらしい。早く、どうしてもハスラー、という人は単色の方が納車が早いらしいので、色を妥協するのが早く乗れるキーポイントになるかもしれない。

値引きは劇的に渋い

大量のバックオーダーを抱えている状況なので、当然ながら値引きは厳しい。車両で3万円とか4万円というレベル。安く買いたいという人は、納車が落ち着くまで待つ方が得策と言える。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます