ホンダ オデッセイ (初代 RA1-5 ’94-’99):苦境のホンダを救ったクリエイティブ・ムーバー

シェアする

ホンダ オデッセイ '94

ホンダ オデッセイ ’94 (出典:favcars.com)

ホンダのミニバン「オデッセイ」の初代モデルは、1994年10月に発売されました。当時、国内ではミニバンブームに沸いており、トヨタ、日産、三菱などはそれぞれ売れ筋となるミニバンをラインナップに持っていましたが、ホンダはセダンとクーペが主力でミニバンを持たなかった為、販売面で苦戦を強いられていました。

ホンダ オデッセイ '94

ホンダ オデッセイ ’94 (出典:favcars.com)

そのような状況下で満を持して市場に投入されたオデッセイは、ミニバンとしては比較的全高が低く設定されると共に、Aピラーの傾斜が強くワゴンに近いボディ形状を備えていた事が特徴でした。これは当時のホンダがミニバン用に生産ラインを設ける事ができず、アコードと共通の生産ラインで生産する為、車高に制限があった為だと言われています。リアドアがセダンのようなヒンジタイプであった事も乗用車感覚のミニバンとしてオデッセイに新鮮さを与え、苦肉の策が追い風となりました。

大柄なボディに2.2Lエンジンの組み合わせ

ボディサイズは、全長4,750mm×全幅1,770mm×全高1,645mm~1,690mmという大柄なもので、車両重量はボディサイズの割には軽い1,470kg~1,560kgでした。乗車定員は、2列目シートの仕様の違いにより、6人乗りと7人乗りの2種類が用意されました。駆動方式はFFがベースで、デュアルポンプ式のフルタイム4WDも設定されました。

ホンダ オデッセイ '94

ホンダ オデッセイ ’94 (出典:favcars.com)

サスペンションは、操縦安定性の点で有利な4輪ダブルウィッシュボーン式が採用。パワートレインは、発売当初は2.2L直4SOHCのF22B型(最高出力145ps/最大トルク20kgm)と4速トルコン式ATの組み合わせ1種類のみでした。1996年9月に最初のマイナーチェンジが実施され、デュアルSRSエアバッグシステムやABSが標準装備となるなどの改良が施されました。

エンジンを2.3Lに拡大。V6も追加

1997年8月に実施された2度目のマイナーチェンジの際には、フェイスリフトを行うと同時に、エンジンが排気量を2.3Lに拡大すると共にVTEC化されたF23A型(最高出力150ps/最大トルク20.8kgm)に変更されました。F22B型よりもパワーアップを果たしたのみならず、車両重量が30kg以上増加したにも関わらず燃費も改善されていました。

ホンダ オデッセイ プレステージ '97

ホンダ オデッセイ プレステージ ’97 (出典:favcars.com)

次いで同年10月に、アメリカホンダにより新開発された3L V6SOHC VTECのJ30A型エンジン(最高出力200ps/最大トルク27kgm)を搭載する、「オデッセイ プレステージ」が追加されました。2.3Lモデル同様トランスミッションは4速トルコン式ATで、駆動方式はFFのみの設定でした。エンジン変更に伴い車両重量が増加し、1,600kg~1,610kgとなりました。

ホンダ オデッセイ プレステージ '97

ホンダ オデッセイ プレステージ ’97 (出典:favcars.com)

初代オデッセイは、それまでのミニバンにはなかった乗用車的な乗り味とミニバンならではの利便性を兼ね備えていた事が消費者から評価され、ホンダが予想していた以上の大ヒットとなりました。それにより、経営状態が苦しかった同社が体制を立て直すきっかけになると共に、その後ミニバンを主力とするメーカーに変貌する事にも繋がりました。→ホンダ・オデッセイの最新総合ページへ

オデッセイの購入を検討中なら、こちらもチェック!

オデッセイの買取り・下取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK