ボルボ XC90 (初代 ’02-’15):同社初のクロスオーバーSUVとして誕生

シェアする

ボルボ XC90 2003

ボルボ・カーズは2002年、同社として初のクロスオーバーSUVとなる「XC90」を発売しました。ミニバン並みの多彩なシートアレンジを可能とした3列シート7人乗り仕様の設定や、同社のモデルに相応しい充実した安全装備がセリングポイントでした。駆動方式はハルデックス社との共同開発によるフルタイム4WDの他、FFも用意されました。

プラットフォームをS80と共有

5ドアのボディは全長4,798mm×全幅1,898mm×全高1,784mm、ホイールベース2,857mmという堂々たる体躯と共に、SUVとしては優秀なCd値0.36の空力特性を備えていました。プラットフォームはフラッグシップセダン「S80」などと共通のP2プラットフォームで、サスペンション形式もフロント:マクファーソンストラット式/リア:マルチリンク式が踏襲されました。

ボルボ XC90 2003

エンジンは当初、2.5L直5(最高出力211ps/最大トルク32.6kgm)及び3L直6(最高出力272ps/最大トルク38.8kgm)のガソリンターボと、2.4L直5(最高出力163ps/最大トルク34.7kgm)のディーゼルターボが用意されました。組み合わせられるトランスミッションは、6速MTと4速/5速トルコン式ATが設定されました。一方室内は、前述の7人乗り仕様の他、2列シート5人乗り仕様も用意されました。

V8エンジン車を追加

又、安全装備としてはSRSデュアル&サイド&カーテンエアバッグシステムをはじめ、むち打ち症対策安全シートやEBD付ABSなどが全車に標準装備されました。その後2005年にガソリン3Lターボエンジンに代わり4.4L V8NAエンジン(最高出力315ps/最大トルク44.9kgm)が、翌2006年にはガソリン2.5Lターボエンジンに代わり3.2L 直6NAエンジン(最高出力238ps/最大トルク32.6kgm)が設定されました。

ボルボ XC90 2003

次いで2007年にフェイスリフトが実施された後、複数回の一部改良を経て2015年にフルモデルチェンジが実施され、現行型に移行しました。初代XC90の日本市場への初上陸は2003年5月で、以降導入されたグレードは全てガソリンエンジン+AT仕様の4WD車でした。当初のラインナップは、2.5Lエンジン+5速AT搭載のベースグレード及び「2.5T」と、3Lエンジン+4速AT搭載の「T-6」の3タイプでした。

ボルボ XC90 2003

その後2005年8月に、4.4Lエンジン+6速AT搭載の「V8TE」が追加されました。続いて翌2006年10月には、ベースグレードのパワートレインが3.2Lエンジン+6速ATに置換されると共に、その上級グレードとなる「3.2」が設定されました。同時にV8TEの廉価版となる「V8」が追加された他、2.5Tは廃止されました。

次いで2007年10月、フェイスリフト版に切り替えられると共に、カタロググレードが「3.2SE AWD」と「V8 TE AWD」の2タイプに整理されました。続いて2009年7月、一部改良と共にグレードが3.2Lエンジン搭載の「ノルディック」「3.2Rデザイン」の2タイプとなり、V8エンジン車は廃止されました。その後はパワートレインの追加・変更などは行われず、仕様とグレード体系の変更のみが実施されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK