ボルボ 850 (1991-1996):駆動方式をFFに転換すると共に5気筒エンジンを採用

ボルボ 850 1991

ボルボ・カーズは1991年、1974年にリリースした中型乗用車「240シリーズ」の後継モデルとなる「850」を発表しました。駆動方式がそれまでのFRからFFに転換された他、直列5気筒エンジンが採用されるなどメカニズム面で全面的な刷新が図られました。更に、後に同社初の4WD車が設定された事もトピックとなりました。

衝撃吸収ボディを採用

ボルボ 850 1991

ボディタイプは当初は4ドアセダンのみの設定で、スタイリングはボクシーなイメージを受け継ぎながらも大幅な近代化が図られました。同時に、衝撃吸収ボディの採用により安全性能が向上した事も特徴でした。ボディサイズは全長4,661mm×全幅1,760mm×全高1,415mmで、240シリーズに対しショート&ワイドなディメンションとなりました。

ボルボ 850 1991

ホイールベースは2,664mmで、240シリーズから若干延長されました。エンジンは当初、2L直5SOHC(最高出力145ps/最大トルク17.9kgm)、2.5L直5DOHC10V(最高出力140ps/最大トルク21kgm)、同20V(最高出力170ps/最大トルク22.4kgm)のガソリンNA3種類が用意されました。組み合わせられるトランスミッションは、5速MT又は4速トルコン式ATでした。

ステーションワゴンを追加

サスペンション形式はフロントはマクファーソンストラット式を踏襲し、リアはトレーリングアーム式からデルタリンク式に変更されました。又、ブレーキはフロントに加えリアにもディスク式が採用されました。そして1993年に、全長を48mm、全高を30mm拡大した5ドアステーションワゴン「エステート」がラインナップに加わりました。

ボルボ 850T-5R 1995

又、同じ年に2.3L直5DOHCガソリンターボエンジン(最高出力225ps/最大トルク30.6kgm)が追加されました。次いで翌1994年には、2.3Lターボエンジンのアウトプットを最高出力250ps(MT)・240ps(AT)/最大トルク33.7kgmまで高めて搭載する高性能モデル「2.3T-5R」が追加されました。続いて1995年、フェイスリフトによりフロント廻りの意匠などが変更されました。

ボルボ 850T-5R 1995

又、ビスカスカップリングが備わるオンデマンド型フルタイム4WD車が追加されたのもこの年の事でした。次いで1996年、2.5L直5DOHCガソリンターボ(最高出力193ps/最大トルク27.5kgm)及び2.5L直5SOHCディーゼルターボ(最高出力140ps/最大トルク29.6kgm)の2種類のエンジンが追加されました。

日本にはガソリンFF車のみを導入

そして1996年にビッグマイナーチェンジが実施されると共に、車名がセダンは「S70」、エステートは「V70」に変更されました。日本市場に850が初上陸したのは1992年5月の事で、まず2.4L 20Vエンジン+4速AT搭載のセダン「GLT」が導入され、追って同年10月に2.4L 10Vエンジン+4速AT搭載の「GLE」が、更に1993年1月にその廉価版「GLEタイプS」が追加されました。

ボルボ 850 1993

次いで1993年10月、ターボエンジン+4速AT搭載の「ターボ」が追加されると共に、GLEタイプSのグレード名が「GL」に変更されました。同時に、セダンと同じグレード体系を持つエステートがラインナップに加わりました。続いて1994年9月にターボに5速MT仕様が追加され、翌1995年9月にはGLのグレード名が「S2.5」に変更されました。

次いで1996年3月、2.3T5-Rに相当する「R」(5速MT/4速AT)が特別仕様車として設定されました。追って同年7月にグレード体系が一新され、2.3Lターボエンジン搭載の「T-5」、2.5L 10Vエンジン搭載の「2.5」、同20Vエンジン搭載の「2.5 20V」、同ターボエンジン搭載の「2.5T」のラインナップとなりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ボルボ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず