ランチア デルタ (初代 1979-1995):ヨーロッパ・カーオブザイヤー受賞のヒット作

ランチア デルタ 1979

ランチアは1979年9月に、「ベータ」の下位モデルとなるコンパクトカー「デルタ」を発表しました。親会社であるフィアットの「リトモ」のプラットフォームやパワートレインを使用しながらも、様々なモディファイを加える事により全く別のモデルに仕上がっていました。デルタは優れたトータルバランスにより販売面で成功を収めると同時に、1980年のヨーロッパ・カーオブザイヤーを受賞しました。

イタルデザインによるボディ

ボディタイプは5ドアハッチバックのみの設定で、デザインはジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザインにより手掛けられました。ボディサイズは全長3,895mm×全幅1,620mm×全高1,400mmで、リトモよりもやや小振りである一方、ホイールベースは若干長い2,475mmに設定されていました。車両重量は、初期型で955~975kgでした。

ランチア デルタ 1979

サスペンションは、形式上はリトモと共通の4輪ストラット式ながら、独自のリファインが施されていました。駆動方式はFFで、発売当初用意されたエンジンはリトモ用の1.3L及び1.5L直4SOHCをチューンナップした物でした。最高出力・最大トルクはそれぞれ76ps/10.7kgm、86ps/12.5kgmで、トランスミッションは1.3Lには4速及び5速MTが、1.5Lには5速MT及び3速トルコン式ATが組み合わせられました。

ランチア デルタ 1979

そして1982年10月に、1.1L直4SOHCエンジン(最高出力65ps)搭載車と、1.6L直4DOHCエンジン(最高出力106ps/最大トルク13.9kgm)を搭載する「1600GT」が追加されました。次いで翌1983年には、ターボチャージャー付き1.6Lユニットを搭載する「1600HFターボ」が登場しました。アウトプットは最高出力132ps/最大トルク19.5kgmまで高められ、最高速度195km/hの性能を発揮しました。

高性能モデルを追加

そして1985年に、ベースモデルとは全く別設計のラリー競技用モデル「S4」が発表されました。ターボチャージャーとスーパーチャージャーを装備する1.8L直4DOHCエンジンをミッドに搭載するフルタイム4WD車で、ロードバージョンで最高出力250ps/最大トルク29.7kgmのアウトプットを発生し、最高速度225km/h・0-100km/h加速6sの性能を発揮しました。

ランチア デルタ HF Turbo 1983

一方、ベースモデルは1986年にマイナーチェンジを受け、フィスリフトやインテリアの意匠変更と共に、1.9L直4SOHCディーゼルターボエンジン(最高出力81ps/最大トルク17.5kgm)搭載車の追加や、1.6L車のフューエルインジェクション化が行われました。更に、後の「HFインテグラーレ」の前身となる、高性能バージョン「HF4WDターボ」が登場しました。

ランチア デルタ HF 4WD 1986

エンジンは最高出力167ps/最大トルク29.1kgmを発生する2L直4DOHCターボで、最高速度209km/h、0-100km/h加速7.8sの性能でした。そして1988年に究極のデルタとも言えるデルタHFインテグラーレがデビュー、1993年に2代目デルタが登場した後も、デルタHFインテグラーレのみ1995年まで生産が継続されました。

コンパクトカー購入検討中なら、こちらもチェック!

ヤリス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ ヤリスの新車購入...
フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
フィットの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型フィットの...
ノート/e-POWER 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ノート/e-POWERの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産ノー...
新型ルーミー/タンク 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ルーミー/タンクの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ル...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ランチア 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ