ボルボ 260シリーズ (1974-1982):衝突安全性能を向上させると共にエンジンを一新

ボルボ 264GL 1976

ボルボ・カーズは1974年秋、中型乗用車「140シリーズ」の後継モデル「240シリーズ」と共に、1968年にリリースした大型乗用車「164」の後継モデルとなる「260シリーズ」を発売しました。安全実験車「VESC」で培った技術の導入により衝突安全性能の向上が図られた他、プジョー、ルノーとの3社共同開発による新エンジンが採用された事が特徴でした。

まず4ドアセダン「264」とワゴン「265」が登場

プラットフォームは一新され、ボディタイプはまず4ドアセダンの「264」と、164には設定のなかった5ドアステーションワゴンの「265」が用意されました。スタイリングは164譲りのボクシーなフォルムを踏襲しつつ、フロントマスクの意匠が一新されました。ボディサイズは全長4,896mm×全幅1,708mm×全高1,435mmで、164から全長が拡大された一方、全幅は若干縮小されました。

ボルボ 265GL 1976

ホイールベースは2,640mmで、164から80mm短縮されました。サスペンション形式は、フロントはウィッシュボーン式からマクファーソンストラット式に変更され、リアはトレーリングアーム式が踏襲されました。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンは当初2.7L V6SOHCボッシュ電子燃料噴射仕様(最高出力140ps/最大トルク20.7kgm)が搭載されました。

トランスミッションは、4速/5速MTと3速トルコン式ATが設定されました。又、ブレーキは4輪ディスク式を踏襲、ステアリング形式はリサーキュレーティング・ボール式からラック&ピニオン式に変更されました。当初のグレード体系は、264/265共に標準グレード「DL」と上級グレード「GL」の2タイプのラインナップでした。

2ドアモデル「262」「262C」を追加

ボルボ 262C 1977

そして1976年、2ドアセダンの「262」がラインナップに加わりました。更に、DLのエンジンがSUシングルキャブレター仕様のB27A型(最高出力127ps/最大トルク20.1kgm)に置換された他、264に3速ATを装備する最上級グレード「GLE」が追加されました。続いて1977年に262が早くも廃止され、代わって2ドアクーペの「262C」がリリースされました。

ボルボ 262C 1977

全高が1,360mmに低められたボディはカロッツェリア・ベルトーネの手により製造された他、エアコンやパワーウィンドウ、電動ドアミラーなど当時としては豪華な装備が備わっていました。次いで1980年、260シリーズ全車のエンジンが2.8L V6SOHCボッシュ電子燃料噴射仕様のB28E型(最高出力157ps/最大トルク23.4kgm)に置換されました。

ボルボ 264GLE 1980

そして1981年に262Cの生産が打ち切られ、264/265も翌1982年に後継モデル「760」のデビューに伴い生産終了となりました。日本市場においては、1976年から264の輸入販売が開始され、追って262Cも導入されました。

人気車の購入検討中なら、こちらもチェック!

アルファード 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
アルファードの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ アルファー...
ハリアー 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ハリアーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点など購入前に気になる情報だけでなく、実燃費、リセール...
RAV4 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
RAV4の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ RAV4の新車...
フリード値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
フリードの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ハリアーの長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ フリ...
N-BOX/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
N-BOX/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ボルボ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ