ポルシェ 911 (初代 901 ’64-’74):356から基本レイアウトを踏襲し、より高性能に

シェアする

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964 (出典:favcars.com)

ポルシェを代表するスポーツカーである「911」は、旧式化していた「356」に替わるモデルとして1964年にデビューしました。RRの駆動方式や空冷エンジンなど基本的なレイアウトやメカニズムを踏襲しながらも、エンジンが多気筒化・大排気量化され大幅にパワーアップすると共に、実用上最低限の空間が確保されたリアシートが備わるなど実用性も向上したモデルとなりました。

現行モデルにも通じる近代的なスタイリング

スタイリングは356よりも近代的でスマートなものとなり、現在も基本的なプロポーションは発売当初の面影を残すものとなっています。初期型のボディサイズは全長4,163mm×全幅1,610mm×全高1,320mmで、356よりも長くナローなディメンションになりながら、トレッドは逆にワイド化されました。ホイールベースは100mm以上長い2,211mmとなり、車両重量は356の1.6Lモデルよりも150kg程重い1,080kgに増加しました。

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964 (出典:favcars.com)

356同様、後輪軸後方にオーバーハングして搭載されるエンジンは、356の「フォルクスワーゲン・タイプⅠ」用をベースとする1.6L~2Lの空冷OHVフラット4に替わり、新開発された2L 空冷SOHCフラット6ツインキャブレター仕様に置き換えられました。スペックは最高出力130ps/最大トルク17.8kgmで、トランスミッションは5速MTが組み合わせられました。

356から性能が大幅に向上

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964 (出典:favcars.com)

最高速度は211km/hで、同じく最高出力130psの2Lフラット4エンジンを搭載する356の最強版「カレラ2」の200km/hを凌駕しました。サスペンションは356の4輪トレーリングアーム式に対し、フロントのみマクファーソンストラット式に変更され、スプリングは356同様4輪にトーションバーが用いられました。ブレーキはフロントがディスク式、リアがドラム式でした。

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964 (出典:favcars.com)

そして1967年に、エンジンを圧縮比アップや軽合金鋳造ピストン採用などによりチューンナップすると共に、ベンチレーテッド式フロントディスクブレーキを採用したハイパフォーマンス版の「911S」が追加されました。エンジンのスペックは最高出力160ps/最大トルク18.2kgmまで引き上げられ、最高速度も220km/hに向上しました。又、デチャッタブルトップを採用した「タルガ」が追加されました。

ポルシェ 911 2.0クーペ 1965

ポルシェ 911 2.0クーペ 1965 (出典:favcars.com)

次いで1968年、911のボディに356譲りのフラット4を搭載して販売されていた「912」に代わる廉価版として、フラット6を最高出力110ps/最大トルク16kgmにデチューンして搭載した「911T」が発売されました。エンジンがスペックダウンしたとはいえ、最高速度200km/hの十分な動力性能が備わっていました。又、全車に4速セミオートマチックトランスミッションの「スポルトマチック」が設定されました。

操縦安定性を改善しエンジンを拡大

ポルシェ 911 2.0クーペ 1965

ポルシェ 911 2.0クーペ 1965 (出典:favcars.com)

そして1968年8月に大幅な仕様変更が行われ、ホイールベースが2,271mmに延長されてトリッキーな傾向があった操縦安定性が改善されました。グレード体系は「911T」「911E」「911S」となり、911Eと911Sにはツインキャブレターに替わりボッシュ製機械式燃料噴射装置が搭載されました。それに伴い性能も向上し、911Eが最高出力142ps/最大トルク17.9kgm、911Sが最高出力172ps/最大トルク18.7kgmとなりました。

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964 (出典:favcars.com)

翌1969年8月に排気量が2.2Lに拡大され、911Tが最高出力125ps/最大トルク17.9kgm、最高速度206km/hに、911Eが最高出力155ps/最大トルク19.5kgm、最高速度220km/hに、911Sが最高出力180ps/最大トルク20.3kgm、最高速度230km/hにとそれぞれ性能向上を果たしました。そして1971年8月には、更に排気量が2.4Lまで拡大されました。

911Tが最高出力132ps/最大トルク20.1kgmに、911Eが最高出力167ps/最大トルク21kgmに、911Sが最高出力193ps/最大トルク22.1kgmにとそれぞれ性能向上を果たしました。次いで1973年、グループ4ホモロゲーションモデルとして、排気量を2.7Lに拡大して最高出力210ps/最大トルク26kgm、最高速度240km/hまで性能アップし、全幅を1,652mmに拡大しワイドトレッド化を図った「カレラRS2.7」が限定販売されました。

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964

ポルシェ 911 2.0クーペ 1964 (出典:favcars.com)

更に同年8月、全車が2.7Lエンジンに置換されると共に、前後に5マイルバンパーが装着され全長が4,290mmに拡大されました。グレード体系は「911」「911S」「911カレラ」となり、スペックは911が最高出力150ps/最大トルク24kgm、最高速度210km/h、911Sが最高出力175ps/最大トルク24kgm、最高速度229km/hに向上、911カレラはカレラRS2.7と同一のスペックでした。

又、最高出力229ps/最大トルク28kgmを発生する3Lエンジンを搭載すると共にボディを900kgに軽量化し、最高速度245km/hのパフォーマンスを発揮する「カレラ3.0RS」が限定販売されました。そして1974年、モデルチェンジにより930型となったターボモデルが登場した後も、NAモデルは901型のまま1977年まで生産が継続されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK