三菱 コルトギャラン (初代 1969-1973):スタイリッシュなデザインでベストセラーカーに [A5♯/6♯]

三菱 コルトギャラン セダン GS (初代 1969)

三菱自動車工業は1969年12月、「コルト1200/1500」の後継モデルとなる新型小型乗用車「コルトギャラン」を発売しました。堅実な設計こそ踏襲されたものの、どこか垢抜けない印象のあった従来のコルトシリーズとは全く異なる斬新かつスタイリッシュなエクステリア・デザインを備え、販売面でも大きな成功を収めベストセラーカーとなりました。

ダイナウェッジラインが特徴

三菱 コルトギャラン セダン GS (初代 1969)

ボディタイプはまず4ドアセダンが登場し、追って1970年に2ドアハードトップと3ドア/5ドアバンの「エステートV」が追加されました。エクステリア・デザインは、ジョルジェット・ジウジアーロによるデザイン案をベースに社内スタッフの手により纏められたもので、「ダイナウェッジライン」と呼ばれるウェッジシェイプのベルトラインが特徴でした。

三菱 コルトギャラン 2ドアハードトップ (初代 1970)

ボディサイズは全長4,080mm×全幅1,560mm×全高1,370mm、ホイールベース2,420mmで、コルト1200/1500よりも長く広く低いディメンションとなりました。サスペンション形式はオーソドックスなフロント:マクファーソンストラット式/リア:リジッド・リーフ式を採用し、駆動方式は従来同様のFRが踏襲されました。

三菱 コルトギャラン 3ドアバン (初代 1970)

当初のエンジン・ラインナップは1.3L/1.5Lの直4SOHCで、従来の1.2L/1.5Lの直4OHVから一新されていました。型式は1.3Lが4G30型(シングルキャブ仕様:最高出力87ps/最大トルク11kgm)、1.5Lが4G31型(シングルキャブ仕様:最高出力95ps/最大トルク13.2kgm・ツインキャブ仕様:最高出力105ps/最大トルク13.4kgm)で、グレード体系は1.3Lが「AⅠ」シリーズ、1.5Lが「AⅡ」シリーズと名付けられました。

ハードトップはAⅡシリーズのみの設定で、トップグレードは1.5Lツインキャブレターエンジン搭載の「GS」でした。そして1970年10月に、コルトギャランのプラットフォームを使用した2ドアスペシャリティカー「コルトギャランGTO」が発売されました。

三菱 コルトギャラン GTO (1970-1977):高性能かつスタイリッシュな和製アメリカンマッスルカー [A53/55/57C]
三菱のスポーティカー「コルトギャランGTO」(コルトを省略してギャランGTOと呼ぶ場合もある)は、1970年10...

ギャランハードトップのCM

1969 MITSUBISHI COLT GALANT Ad

1971年のマイナーチェンジでヘッドランプが角形2灯式から丸形4灯式に

三菱 コルトギャラン セダンL (初代 1971)

本家のコルトギャランは翌1971年3月にマイナーチェンジを受け、ヘッドランプがそれまでの角形2灯式から丸形4灯式に変更されました。

追って同年9月にセダンのみ再度マイナーチェンジを受け、インパネのデザインが変更されました。同時にハードトップも含めエンジンの排気量が拡大され、1.4Lの4G33型(シングルキャブ仕様:最高出力92ps/最大トルク12.5kgm)と1.6Lの4G32型(シングルキャブ仕様:最高出力100ps/最大トルク14kgm・ツインキャブ仕様:最高出力110ps/最大トルク14.2kgm)のラインナップとなりました。

三菱 コルトギャラン 2ドアハードトップ (初代 1973)

次いで1972年9月に、1.6L車にシリーズ初の5速MT搭載グレードとなる「16L GS-5」が追加されました。続いて1973年1月に、ハートドップ GS系のエンジンが1.7Lの4G35型(ツインキャブ仕様:最高出力115ps/最大トルク15.2kgm)に置換されました。追って同年3月には、セダン1.6L車に昭和50年排出ガス規制対応のMCA仕様車が設定されました。

そして同年6月に生産を終了、後継モデル「ギャラン」にバトンタッチされました。

後継モデル:ギャラン

三菱 ギャラン (2代目 1973-1977):ボディサイズとエンジンの拡大により車格をアップ [A11♯]
1969年に「コルト1200/1500」の後継モデルとしてデビューした三菱自動車工業の小型乗用/商用車「コルトギ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

三菱その他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ