アストンマーティン DB9 (2004-):DB7の後継モデルとして登場した高級スポーツカー

イギリスの高級スポーツカーメーカーであるアストンマーティンは、2003年9月のフランクフルト・ショーにおいて「DB7」の後継モデルとなる新型高級2ドア・2+2シーター仕様スポーツカー「DB9」を発表、翌2004年にデリバリーを開始しました。キープコンセプトによるモデルチェンジながら、最新の電子デバイスが導入されるなどのアップデートが図られました。

DB7からボディサイズを拡大

ボディタイプはまずフィクスドヘッドボディのクーペがリリースされ、追って電動ソフトトップが備わるオープンモデル「ヴォランテ」が追加されました。スタイリングは、ファストバックの流麗なフォルムを採用するなどDB7のイメージを継承しつつ、ディテール面では大幅なモダナイズが図られました。同時に空力特性向上にも注力され、Cd値は0.35を実現しました。

ボディサイズは全長4,710mm×全幅1,875mm×全高1,270mm(クーペ)/1,280mm(ヴォランテ)で、DB7から若干拡大されていました。ホイールベースは2,740mmで、DB7から一気に150mmほど延長されました。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンもDB7譲りの5.9L V12DOHC(最高出力456ps/6,000rpm・最大トルク58.1gm/5,000rpm)が搭載されました。

トランスミッションは6速MTと6速トルコン式ATが設定され、前者を選んだ場合のパフォーマンスは最高速度300km/h・0-100km/h加速4.9sでした。サスペンション形式はDB7と同様の4輪ダブルウィッシュボーン式が踏襲され、ブレーキはフロントに355mm、リアに330mmのローターが備わる4輪ベンチレーテッド・ディスク式が採用されました。

DSCやトラクションコントロールを装備

また、安全装備としてEBD&ブレーキアシスト付ABSや車両安定化制御システムの「DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)」、トラクションコントロールなどが標準装備されました。インテリアはフルレザー製で、快適装備としてフロント・パワーシートやリン製カーオーディオシステムなどが標準で備わりました。

その後2008年にエンジンのアウトプットが最高出力477ps/6,000rpm・最大トルク61.2gm/5,000rpmに向上、さらに2010年には最初のマイナーチェンジが実施され、フロントマスクやリアコンビネーションランプなどの意匠が変更されるとともに、電子制御サスペンションの「アダプティブダンピングシステム」が標準化されました。

次いで2012年に2度目のマイナーチェンジされ、エクステリアが小変更されると同時にエンジンにリニューアルが施され、アウトプットが最高出力517ps/6,500rpm・最大トルク63.2gm/5,500rpmに向上しました。続いて2015年には、エンジンの最高出力を548ps/6,750rpmまで高めて搭載する高性能版「GT」がリリースされました。

そして2016年に後継モデル「DB11」が発売されたことにともない、DB9はラインナップが「GTヴォランテ」のみに整理されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

アストンマーティン
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ