ダイハツ オプティ (2代目 1998-2002):軽自動車初の4ドアハードトップボディを採用[L800S/802S/810S]

ダイハツ オプティ 1998

1992年1月に発売されたスペシャリティ路線の軽乗用車「オプティ」は、1998年11月にフルモデルチェンジを受け、新軽自動車規格に対応した2代目モデルに移行しました。ボディタイプが先代の3ドア/5ドアハッチバックから一転、軽自動車初の4ドアピラードハードトップとなった他、先代には無かったターボエンジン車が設定された事が特徴でした。

独立したトランクルームを装備

短いリアデッキと独立したトランクルームが備わる3ボックス型ボディのスタイリングは、先代のファニーなイメージが大幅に薄められました。ボディサイズは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,380~1,405mmで、旧規格で設計された先代から全長が100mm、全幅が80mm拡大されました。ホイールベースはプラットフォームを共通する5代目「ミラ」と同一の2,360mmで、先代からは80mm延長されました。

ダイハツ オプティ 1998

駆動方式はミラ同様にFFとフルタイム4WDが設定され、サスペンション形式も同じくフロント:ストラット式/リア:トーションビーム式(FF)・3リンク式(4WD)が採用されました。エンジンは、660cc直3SOHC NAのEF-SE型(最高出力45ps/最大トルク5.6kgm)、同DOHC NAのEF-VE型(最高出力58ps/最大トルク6.5kgm)、同DOHCターボのEF-DET型(最高出力64ps/最大トルク10.9kgm)が用意されました。

ダイハツ オプティ 1998

トランスミッションは当初、先代同様5速MTと3速/4速トルコン式ATが設定されました。当初のグレード体系は、下からEF-SE型エンジン搭載の「CL」、EF-VE型エンジン搭載の「CXB」「ビークス」、EF-DET型エンジン搭載の「エアロダウンビークス」のラインナップで、安全装備面では全車に運転席SRSエアバッグシステムが、CLを除く全車に助手席SRSエアバッグシステムが採用されました。

レトロ調モデルを追加

ダイハツ オプティ クラシック 2000

そして翌1999年5月、ビークスにCVT仕様車が追加されました。次いで2000年3月の仕様変更でSRSデュアルエアバッグシステムが全車に標準化されると共に、レトロ調のエクステリアが備わる「クラシック」シリーズ(EF-SE型エンジン搭載のクラシックLセレクションとEF-VE型エンジン搭載のクラシック)が追加されました。

「新車情報」公式 ダイハツ オプティ クラシック

tvk「新車情報」公式 ダイハツ オプティ クラシック 2000年4月24日放送

同時に、従来モデルはEF-VE型エンジン搭載の「ビークスLセレクション」とEF-DET型エンジン搭載の「ビークスS」のラインナップに変更されました。続いて2000年10月の仕様変更でEF-SE型エンジンの最高出力が48psに向上すると共に、同エンジンを搭載するエントリーグレード「クラシックLスペシャル」が追加されました。

ダイハツ オプティ クラシック 2000

次いで2001年10月のマイナーチェンジで内外装の一部変更や仕様向上が実施されると共に、EF-SE型エンジンは最大トルクが0.1kgm向上、EF-VE型エンジンはTOPAZ触媒の採用により環境性能が向上しました。同時に5速MT仕様が廃止された他、グレード体系がクラシックLスペシャル/ビークスSと新設定された「クラシックリカ」の3タイプに整理されました。

ダイハツ オプティ クラシック 2000

そして2002年7月、販売不振によりミラに統合される形で生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ダイハツその他
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず