ダイハツ ストーリアX4 (1998-2004):競技用ベースモデルとして開発されたホットハッチ [M112S]

ダイハツ工業は1998年2月、4代目「シャレード」の実質的な後継車種となるコンパクトカー「ストーリア」を発売、追って同年4月にそのエントリーグレード「CL」をベースに、モータースポーツ競技のベースモデルとする為の仕様変更を施したホッチハッチ「ストーリアX4(クロスフォー)」をリリースしました。高性能ターボエンジンの搭載や徹底した軽量化設計が特徴で、受注生産方式により販売されました。

エンジンは軽ターボ車用がベース

ベースモデルと共通の5ドアハッチバックボディは、一部のディテールの相違を除きファニーなエクステリアデザインがそのまま踏襲されました。又、全長3,660mm×全幅1,600mm×全高1,450mm、ホイールベースは2,370mmのボディ・ディメンションも、ベースモデルと全く同一でした。車両重量は840kgで、ベースモデルより20kg軽量化されていました。

駆動方式はフルタイム4WDのみ設定で、サスペンションは形式こそベースモデルと共通のフロント:ストラット式/リア:3リンク式ながら、操縦安定性を高める為の強化が図られていました。エンジンは、ベースモデルが1L直3DOHC NAのEJ-DE型を搭載するのに対し、軽自動車用の0.66L直3DOHCターボユニットJB-JL型をベースにストロークアップ及びブーストアップを図ったJB-DET型が搭載されました。

使用ガソリンはプレミアム専用で、最高出力120ps/最大トルク13kgmというスペックは、JB-JL型の最高出力64ps/最大トルク10.2kgmから大幅な向上を果たしていました。組み合わせられる5速MTは、ベースモデル用からクロスレシオ化が図られると共に、ファイナルレシオが低められていました。尚、10.15モード燃費は17km/Lで、ベースモデルより2.4km/L劣る数値でした。

軽量化の為に装備を簡略化

又、ブレーキはベースモデル同様のフロント:ベンチレーテッドディスク式/リア:ドラム式が踏襲された他、タイヤサイズは上級グレード「CX」「CXリミテッド」と共通の165/65R14が採用されました。安全装備面では、ベースモデル同様SRSデュアルエアバッグシステムが標準で備わる他、同様にABSはオプション扱いでした。

又、快適装備は集中ドアロックこそ備わるものの、パワーウィンドウはオプション扱いで、エアコンはオプションで選ぶ事さえ不可能(※後にディーラーオプションとして設定)でした。その他、フロント/ルーフスポイラーやフロントフォグランプ、リアワイパー、アルミホイールといったエクステリアパーツがオプションで用意されました。又、ボディカラーはピューロホワイトのみの設定でした。

そして2001年12月に実施されたマイナーチェンジにより、フェイスリフトと同時に前席パワーウィンドウが標準化されました。そして2004年6月、後継車種「ブーン」の発売に伴い生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ダイハツその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず