フォード グラナダ (マークⅡ 1977-1985):先代からのビッグマイナーチェンジ版として登場

フォード グラナダ L 4-door Saloon (マークⅡ 1977-1981)

フォード・モーター(ヨーロッパ・フォード)より1972年3月に「ゼファー&ゾディアック」および「タウヌス」の後継車種としてリリースされたアッパーミディアムモデル「グラナダ」は、1977年8月に5年半ぶりのフルモデルチェンジを受け、マークⅡに移行しました。基本メカニズムが踏襲されるなど、実質的には先代からのビッグマイナーチェンジ版といえる内容でした。

スタイリングはキープコンセプト

フォード グラナダ Limousine 2-türig (マークⅡ 1977-1981)

生産は西ドイツのケルン工場で行われ、イギリスでの生産は停止になりました。ボディタイプは2ドアクーペが廃止され、2ドアおよび4ドアセダンと5ドアステーションワゴンの3タイプとなりました。スタイリングは、直線基調のフォルムや角形2灯式ヘッドランプの採用など、先代のイメージが踏襲されました。

フォード グラナダ Turnier (マークⅡ 1977-1981)

ボディサイズは全長4,653mm(セダン)/4,760mm(ワゴン)×全幅1,793mm×全高1,379mmで、先代から全長が若干拡大されました。ホイールベースは先代と同一の2,769mmで、サスペンション形式もフロント:ダブルウィッシュボーン/コイル式、リア:リジッド・アクスル/コイル式が踏襲されました。また、駆動方式もコンベンショナルなFRが踏襲されました。

ディーゼルエンジンを新設定

エンジンは、1.7L V4OHVキャブレター仕様(最高出力71ps/最大トルク12.2kgm)、2L直4SOHCキャブレター仕様(最高出力102ps/最大トルク15.6kgm)、同V6OHVキャブレター仕様(最高出力91ps/最大トルク15.2kgm)、2.3L V6OHVキャブレター仕様(最高出力116ps/最大トルク17.8kgm)、2.8L V6OHVキャブレター仕様(最高出力137ps/最大トルク22kgm)、同電子燃料噴射仕様(最高出力162ps/最大トルク22.4kgm)のガソリンユニットが用意されました。

さらに、先代には設定のなかったディーゼルも用意されました。ラインナップは1.9L直4OHV(最高出力54ps)、2.1L直4OHV(最高出力63ps)、2.5L直4OHV(最高出力69ps)の3種類で、いずれもプジョー製でした。トランスミッションは従来同様の4速MTに加え、新たに5速MTと3速トルコン式ATが設定されました。

フォード グラナダ Turnier (マークⅡ 1981-1985)

グレード体系は当初、「L」「D」「GL」「DL」「ギア」「S」「GLS」がラインナップされました。その後1981年にラインナップの見直しが図られ、「LX」「ギアX」「ギアXエグゼクティブ」「インジェクション」が追加され、D/S/GLSは廃止されました。これらのうち、2.8L電子燃料噴射エンジンを搭載するインジェクションには、エアロパーツを含む専用の内外装や専用サスペンションなどが与えられました。

フォード グラナダ 2.8 Injection Limousine 4-türig (マークⅡ 1981-1985)

また、2.8Lキャブレター仕様エンジンを搭載するギアXエグゼクティブには、レザーインテリアやエアコン、パワーシート、電動サンルーフなどが装備されました。そして1985年4月にフルモデルチェンジが実施され、マークⅢに移行しました。

新車の購入検討中なら、こちらもチェック!

フリード値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
フリードの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ハリアーの長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ フリ...
ヤリス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ ヤリスの新車購入...
フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
フィットの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型フィットの...
N-BOX/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
N-BOX/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新...
タント値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
タント/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどダイハツ 新型...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フォード 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ