BMW 5シリーズ (3代目 E34 1988-1995):ボディ剛性を強化し空力特性を更に改善

シェアする

BMW 520i sedan 1987

BMW 520i sedan 1987

1972年に初代モデルがデビューしたBMWのミディアムセダン「5シリーズ」は、1988年1月に7年ぶり2度目のフルモデルチェンジを実施し、3代目のE34型に移行しました。先代からボディ剛性が大幅に強化されると共に、空力特性が一段と向上した事が特徴でした。又、同シリーズ初のステーションワゴンやV8エンジン搭載車が追加された事もトピックでした。

ボディサイズを拡大

ボディタイプはまず4ドアセダンが登場し、1990年にステーションワゴンの「ツーリング」が追加されました。スタイリングは、ボクシーなイメージだった先代と比較し流麗なフォルムに変貌すると共に、Cd値が0.38から0.3~0.32に向上しました。ボディサイズは全長4,720mm×全幅1,750mm×全高1,415mm(セダン)/1,420mm(ツーリング)で、先代から全長が100mm、全幅が50mm拡大されました。

BMW 520i sedan 1987

BMW 520i sedan 1987

ホイールベースは140mm延長され2,765mmとなり、車両重量も大幅に増加し1,540~1,780kgとなりまた。駆動方式は先代同様FRが基本となるものの、追って5シリーズ初のフルタイム4WD車が追加されました。サスペンション形式は、先代同様のフロント:ストラット式/リア:セミトレーリングアーム式が踏襲されました。初期のグレード体系は、「520i」「525i」「530i」「535i」「524td」の5種類でした。

BMW 520i sedan 1987

BMW 520i sedan 1987

搭載されたエンジンは全車直6燃料噴射仕様で、ガソリン各車は「520i」が排気量2L(最高出力150ps/最大トルク19.4kgm)、「525i」が排気量2.5L(最高出力192ps/最大トルク25kgm)、「530i」が排気量3L(最高出力191ps/最大トルク26.5kgm)、「535i」が排気量3.5L(最高出力211ps/最大トルク31.9kgm)で、唯一のディーゼルターボ車「524td」は排気量2.4L(最高出力115ps/最大トルク21.4kgm)でした。

BMW 5シリーズ touring 1992

BMW 5シリーズ touring 1992

トランスミッションは、まず5速MTと4速トルコン式ATが設定され、1990年に「320i」と「325i」のATが5速化されました。そして同じ1990年に、2.5Lエンジン搭載のフルタイム4WDグレード「525iX」が追加されました。更に1992年、V8エンジンを搭載する「530i」(排気量3L:最高出力218ps/最大トルク29.6kgm)と「540i」(排気量4L:最高出力286ps/最大トルク40.8kgm)が追加されました。

エアバッグを標準化

トランスミッションは、6速MTと5速トルコン式ATが設定されました。それに伴い、直6エンジン搭載の「530i」と「535i」がカタログ落ちした他、全車に運転席SRSエアバッグシステムが標準装備されました。次いで1994年には、直6エンジン車のフロントグリルがV8エンジン車と同様のデザインに変更された他、全車助手席にもSRSエアバッグシステムが採用されました。

BMW 5シリーズ touring 1992

BMW 5シリーズ touring 1992

そして1996年にフルモデルチェンジを実施し、4代目のE39型にバトンタッチされました。日本市場には、4WD車とディーゼル車、直6エンジン時代の「330i」を除く各グレードが正規輸入されました。トランスミッションは全車ATのみの設定でした。

中古車の買取り/下取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK