マーキュリー セーブル (3代目 1995-1999):内外装デザインを一新し新エンジンを設定

マーキュリー セーブル (3代目 1996)

1985年に「フォード・トーラス」のマーキュリー・バージョンとして誕生したFF中型乗用車「セーブル」は、1995年に3年ぶり2度目のフルモデルチェンジを受け、3代目モデルに移行しました。先代が初代モデルのビッグマイナーチェンジ版だったため、実質的に初のフルモデルチェンジとなりました。特に、内外装デザインはそれまでから一新されました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

オーバルデザインを採用

マーキュリー セーブル (3代目 1996)

プラットフォームは「フォードD186プラットフォーム」がキャリオーバーされ、ボディタイプも従来同様4ドアセダンと5ドアステーションワゴンがラインナップされました。スタリングは、楕円をモチーフとしたオーバル・デザインの導入により従来から大きくイメージを変えるとともに、特徴的だった「ライト・バー」と呼ばれるフロントグリルは廃止されました。

マーキュリー セーブル (3代目 1996)

トーラスとの比較では、セダン/ワゴンともにフロントグリルの意匠が異なっていました。さらにセダンは、トーラスが4ライトウィンドウと楕円形のリアコンビネーションランプを採用したのに対し、セーブルは6ライトウィンドウと横長のリアコンビネーションランプを採用するなどの相違点がありました。

ボディサイズを拡大

マーキュリー セーブル (3代目 1996)

ボディサイズは、全長5,070mm(セダン)/5,060mm(ワゴン)×全幅1,900mm×全高1,410mm(セダン)/1,460mm(ワゴン)で、先代から一回り拡大されました。また、ホイールベースも60mm延長され2,760mmとなりました。エンジンは、先代から受け継いだ3L V6OHV「SFIバルカン」(最高出力145hp/最大トルク23.6kgm)と、新設計の3L V6DOHC「デュラテック30」(最高出力200hp/最大トルク27.6kgm)が用意されました。

マーキュリー セーブル
ステーションワゴン (3代目 1996)

一方、トーラスに新設定された3.4L V8DOHCは、セーブルには用意されませんでした。トランスミッションは従来同様、全車4速トルコン式ATとの組み合わせでした。また、ブレーキはリアをディスク化、4輪ディスク式にアップデートされました。安全装備は先代同様、SRSデュアルエアバッグシステムとABSが標準装備されました。

マーキュリー セーブル
ステーションワゴン (3代目 1996)

当初のグレード体系は、バルカン・エンジン搭載の「G」、デュラテック・エンジン搭載の「LS」、バルカンおよびデュラテック・エンジン搭載の「GS」の3タイプがラインナップされました。その後、1998年にフェイスリフトが実施されると同時に、GSが廃止されました。そして翌1999年にトーラスとともにフルモデルチェンジ(実質的にはビッグマイナーチェンジ)が実施され、4代目モデルに移行しました。

3代目セーブルは、3代目トーラス同様内外装デザインが不評で、販売面では振るいませんでした。また、日本市場においては3代目トーラスが引き続き正規輸入されたのに対し、セーブルの導入は見送られました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

マーキュリー
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ