日産 スカイライン (9代目 R33 1993-1998):先代から再びボディを拡大し全車3ナンバーサイズに

日産 スカイライン GTS25t 1993

初代モデルがプリンス自動車より1957年4月にリリースされた中型乗用車「スカイライン」は、1993年8月に4年ぶり8度目のフルモデルチェンジを受け、9代目R33型に移行しました。先代でダウンサイジングされたボディが再び拡大され、全車3ナンバーサイズとなったほか、4気筒車が廃止され6気筒車のみのラインナップとなりました。

ホイールベースを延長

ボディタイプは先代同様、4ドアセダンと2ドアクーペの2タイプが用意され、スタイリングも先代譲りの丸みを帯びたフォルムが踏襲されました。初期型のボディサイズは全長4,640mm(クーペ)/4,720mm(セダン)×全幅1,720mm×全高1,340mm(クーペ)/1,360mm(セダン)で、「GT-R」を除く先代から全ての項目において拡大されました。

日産 スカイライン GTS25t 1993

また、ホイールベースも100mm以上延長され2,720mmとなりました。駆動方式は当初はフルタイム4WDの設定がなく、全車FRでした。エンジンは、まず2L直6SOHC NAのRB20E型(最高出力130ps/最大トルク17.5kgm)、2.5L直6DOHC NAのRB25DE型(最高出力190ps/最大トルク23.5kgm)、同ターボのRB25DET型(最高出力245ps/最大トルク28kgm)の3種類が用意されました。

日産 スカイライン GTS25 1993

トランスミッションは、RB25DE型エンジンには5速MTまたは5速トルコン式ATが、RB20E型およびRB25DET型エンジンには5速MTまたは4速トルコン式ATが組み合わせられました。また、サスペンションは4輪マルチリンク式の形式を踏襲しながらも、改良が施されました。ブレーキは、フロントは全車にベンチレーテッド・ディスク式が採用されました。

一方リアは、RB25DET型エンジン搭載車のみベンチレーテッド・ディスク式で、それ以外にはソリッド・ディスク式が採用されました。当初のグレード体系は、RB20E型エンジン搭載の「GTS/GTSタイプG」、RB25DE型エンジン搭載の「GTS25/GTS25タイプG/GTS25タイプS」、RB25DET型エンジン搭載の「GTS25tタイプM/GTS25tタイプMアクティブLSD仕様」のラインナップでした。

4WD車およびGT-Rを追加

日産 スカイライン GT-R 1995

そして同年11月、フルタイム4WD方式採用の新グレードとして、RB25DE型エンジン搭載の「GTS-4」が追加されました。次いで1995年1月に仕様変更が実施され、エクステリアの一部変更とともにSRS運転席エアバッグシステムが全車に標準化されました。同時に、先代R32型のまま継続販売されていた「GT-R」がフルモデルチェンジを受け、R33型のラインナップに加わりました。

日産 スカイライン GT-R 1995

標準モデルから全幅が60mmワイド化されたクーペボディに搭載されるエンジンは、R32型GT-Rからキャリオーバーされた2.6L直6DOHCツインターボのRB26DETT型ながら、改良により最大トルクが1.5kgm増しの最高出力280ps/最大トルク37.5kgmのスペックとなっていました。駆動方式はR32型GT-R同様フルタイム4WDのみの設定で、トランスミッションも同様に5速MTが組み合わせられました。

次いで1996年1月にSRS助手席エアバッグシステムが、さらに1997年2月にはABSが全車に標準化されました。そして1998年5月にフルモデルチェンジが実施され、10代目R34型に移行しました。

歴代日産 スカイライン フルモデルチェンジの歴史
初代プリンス(日産) スカイライン (1957-1963 LS1/S2) 先進的な構造を持つ高性能車として...

 

日産 スカイラインの購入を検討中なら、こちらもチェック!

日産 新型スカイライン値引き2019年11月-納期/実燃費/価格の評価
日産 新型スカイラインの値引き/納期/実燃費レポート (2019年11月2日更新) 1957年に初代モデルが...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スカイライン時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車