ポルシェ 911ターボ (997 2006-2013):基本コンポーネンツを一新しエクステリアもイメージチェンジ

ポルシェ 911ターボ Coupe (997 2006)

1974年にポルシェ初のターボエンジン搭載モデルとしてデビューしたスポーツカー「911ターボ」は、2006年に4度目の世代交代が行われ、997型となりました。先代996型から基本コンポーネンツが一新されるとともに、ボディ剛性の強化が図られました。また、エクステリア・デザインもイメージチェンジが図られました。

フルタイム4WDシステムを変更

ポルシェ 911ターボ Coupe (997 2006)

ボディタイプは当初フィクスドヘッドの2ドアクーペのみの設定で、エクステリア面ではヘッドランプがティアドロップ型からオーソドックスな丸型に変更されたほか、リアにリトラクタブル式スポイラーが装備されました。また、Cd値は996型と同一の0.31でした。ボディサイズは全長4,435mm×全幅1,852mm×全高1,300mmで、996型から全幅が22mm、全高が5mm拡大されました。

ホイールベースは2,350mmで、変更はありませんでした。駆動方式はフルタイム4WDが踏襲されたものの、メカニズムがそれまでのビスカスカップリング式から電子制御多板クラッチ式に刷新されました。従来同様リアに搭載されるエンジンは、水冷3.6L水平対向6気筒DOHCターボがキャリオーバーされました。

DME電子燃料噴射装置と可変ジオメトリー機構付きターボチャージャーを採用し、最高出力480ps/6,000rpm・最大トルク63.2kgm/2,100-4,000rpmのアウトプットを発生、996型からは60ps/6.1kgmもの向上を果たしました。トランスミッションはそれまでと同様、6速MTと5速トルコン式AT「ティプトロニック」が設定されました。

電子制御ダンパーを設定

ポルシェ 911ターボ Coupe (997 2006)

パフォーマンスは、最高速度が従来比で6km/hアップの310km/hとなり、0-100km/h加速タイムは0.5s短い3.7sとなりました。サスペンションは、フロント:マクファーソンストラット式/リア:マルチリンク式の形式が踏襲された一方で、新たに電子制御ダンパー「PASM」が設定されました。

ステアリング形式は従来同様のパワーアシスト付ラック&ピニオン式で、4輪ベンチレーテッド・ディスク式を踏襲するブレーキは、ローターが前後とも20mmずつ拡大され350mm径となりました。ホイール&タイヤはフロントが8.5J×19インチホイール+235/35ZR19タイヤ、リアが12J×19インチホイール+305/30ZR19タイヤの組み合わせで、それまでよりも大径かつワイドなものとなりました。

M/Cで排気量を拡大

ポルシェ 911ターボ Cabriolet (997 2007)

その後、2007年に電動ソフトトップが備わるカブリオレが追加されました。次いで2009年にマイナーチェンジが実施され、フロントまわりやリアまわりの意匠が変更されるとともに、LEDヘッドランプ/テールランプが採用されました。同時に排気量が3.8Lに拡大され、アウトプットが最高出力500ps/6,000rpm・最大トルク66.3kgm/1,950-5,000rpmに向上しました。

ポルシェ 911ターボ Coupe (997 2009)

また、5速ティプトロニックに代わり、デュアルクラッチ式の7速PDKが設定されたことも変更点のひとつでした。クーぺ・PDK仕様のパフォーマンスは、最高速度312km/h・0-100km/h加速3.6sでした。追って2010年には、3.8Lエンジンのアウトプットを最高出力530ps/6,250-6,750rpm・最大トルク71.4kgm/2,100-4,250rpmまで高めて搭載する「ターボS」が追加されました。

ポルシェ 911ターボ Coupe (997 2009)

そして2013年に、後継モデルの991型911ターボにバトンタッチされました。997型911ターボの日本への初上陸は2006年3月で、翌2007年6月にカブリオレが追加されました。次いで2009年8月にマイナーチェンジ版への切り替えが行われ、2010年3月にターボSが追加されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

911時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ