C-HRに特別仕様車「LED Edition」を設定

トヨタはC-HRに特別仕様車“LED Edition”を設定し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、2017年11月2日に発売しました。

LEDヘッドランプ、シーケンシャルターンランプなどを装備

特別仕様車“LED Edition”は、すべての光源をLED化した大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を特別装備。

右左折時には、車両内側から外側に流れるように点灯するシーケンシャルターンランプが高級感を演出します。

さらに、リヤコンビネーションランプもLED化したほか、アウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すなど、よりエモーショナルなデザインに磨きをかけた特別仕様車としている。

外板色には、ブラック×センシュアルレッドマイカを含むツートーン4色、メタルストリームメタリックを含むモノトーン4色の全8色を設定している。

特別仕様車“LED Edition”の価格

ガソリン 4WD (1.2Lターボ、Super CVT-i)

S-T“LED Edition” 2,540,400円

G-T“LED Edition” 2,799,600円

ハイブリッド FF 2WD (1.8L+モーター)

S“LED Edition” 2,670,000円

G“LED Edition” 2,929,200円

トヨタ C-HRの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

C-HR
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず