ホンダ シャトルがマイナーチェンジ 内外装をリファイン

シェアする

ホンダ シャトル HYBRID Z・Honda SENSING (プレミアムベルベットパープル・パール)

ホンダは、コンパクトステーションワゴン「SHUTTLE(シャトル)」の内外装デザインを刷新、機能を充実させたNEW SHUTTLEを2019年5月10日に発売した。

上質感を追求したマイナーチェンジ

シャトルは5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトなボディーや優れた燃費性能と、センタータンクレイアウトにより実現した多彩なシートアレンジや広く快適な室内空間が特長となっている。レバーを引くだけの簡単な操作で後席を前に折りたたむと、最長184cmのフラットな荷室空間が生まれる。

今回のマイナーモデルチェンジでは、より上質感を追求し内外装デザインを刷新。また、防音材の見直しによる静粛性の向上や、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」にオートハイビームの追加など、さまざまな領域で商品性を高めている。

ホンダ シャトル マイナーチェンジの主な変更点

上質感を追求したエクステリア

ホンダ シャトル HYBRID Z・Honda SENSING (プレミアムベルベットパープル・パール)

低重心でワイドなスタイリングを目指し、前後バンパーとフォグライトの形状を変更。テールゲートとリアコンビネーションランプのデザインを一新した。また、アウタードアハンドル※6、フロント・リアバンパーまわりやサイドシルモールなどにクロームメッキパーツを配して上質感を追求した。

インテリアの質感向上

ホンダ シャトル インテリア

インテリアの加飾には、光沢感のあるピアノブラックを採用。シートデザインを刷新するとともに、新たに本革シートを設定。また、リアセンターアームレストへのカップホルダーの追加により使い勝手も向上させた。

ホンダ シャトル フロントシート

Honda SENSINGにオートハイビームを追加

従来の8機能に加え、オートハイビームを追加。前走車や対向車を検知してハイ/ロービームを自動で切り替え、良好な視界確保に貢献するとともに、切り替え操作の頻度の低減にもつながります(サポカーSワイド該当)。

ホンダ シャトルの価格

ハイブリッド  (1.5L i-VTEC+i-DCD)

グレード 2WD 4WD
HYBRID・Honda SENSING 2,118,960 2,313,360
HYBRID X・Honda SENSING 2,374,920 2,569,320
HYBRID Z・Honda SENSING 2,559,600 2,721,600

ガソリン  (1.5L i-VTEC)

グレード 2WD 4WD
G・Honda SENSING 1,775,520 1,969,920

※価格は消費税8%込み

ホンダ シャトルの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK