フォード クーガ (初代 2008-2012):フォーカスとプラットフォームを共有するSUV

シェアする

フォード・モーター(フォード・ヨーロッパ)は2008年、欧州において前年のフランクフルト・ショーに出展したプロトタイプをベースとした新型クロスオーバーSUV「クーガ」を発売しました。プラットフォームは、同社のコンパクトカー2代目「フォーカス」や初代「マツダ・アクセラ」などと共通のフォード・C1プラットフォームが採用されました。

様々な電子デバイスを採用

「キネティックデザイン」と呼ばれるアグレッシブなスタイリングを持つ5ドアボディは空力特性にも配慮されており、SUVとしては優秀なCd値0.379を実現していました。ボディサイズは全長4,443mm×全幅1,842mm×全高1,710mmで、SUVとしては比較的コンパクトに纏められていました。又、ホイールベースは2,690mmで、フォーカスよりも50mm長く設定されていました。

サスペンション形式は、フォーカスと同一のフロント:ストラット式/リア:マルチリンク式が採用されました。駆動方式は「インテリジェントAWD」と呼ばれる電子制御式フルタイム4WDの他、FFも設定されました。エンジンは、2.5L直5ガソリンターボ(最高出力200ps/最大トルク32.6kgm)と、2L直4ディーゼターボ(最高出力136ps/最大トルク32.6kgm)が用意されました。

トランスミッションは6速MTの他、前者には5速トルコン式ATも設定されました。又、ブレーキは全車にフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が採用されました。その他、電子デバイスとしてESP(横滑り防止装置)や、タイヤ空転時などに左右のトルクを再配分する「BLD」、横転を防止する「ARM」が標準装備されました。

ディーゼルエンジンがパワーアップ

その後2010年に実施されたフェイスリフトの際に、ディーゼルエンジンのアウトプットがFF用は最高出力140psに、4WD用は最高出力163ps/最大トルク34.7kgmに高められました。そして2012年にフルモデルチェンジが実施され、現行2代目モデルに移行しました。日本市場への初代クーガの初上陸は2010年7月で、ドライブトレインは2.5Lガソリンエンジン+5速AT+4WDのみの設定でした。

当初のグレード体系は、標準グレード「トレンド」と、パノラミックルーフやクルーズコントロール、シートヒーター付レザー製パワーシートなどが装備される上級グレード「タイタニアム」の2タイプで、いずれも右ハンドル仕様となっていました。その後2012年3月に、トレンドにタイタニアムのみの装備だったHIDヘッドランプが採用されるなど、仕様向上が図られました。

更に同年8月には、エアロパーツや大径19インチアルミホイール、専用ブラックレザーシートなどが装備される最上級グレード「インディビデュアル」が追加されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK