三菱RVR (2代目 1999)の口コミ評価:中古車購入インプレッション

三菱 RVR 1999

私の大学時代の話ですが、1年の時に周りの友達は運転免許を取るためにこぞって免許センターに通っていました。私も例外ではなく、免許を取ったら車で大学まで通うつもりでした。

母が乗っていた三菱RVRを譲り受け

約3ヶ月で免許を取得しました。車は、親が買い替えをすると言っていたので、母が乗っていた三菱の1999年式のRVR、GF-N61Wを譲り受けました。色は黒でした。

友達も免許を取って中古で車を買っていましたが、改造世代でしたのでみんなしてスポーツカーを買って、座席を変えたり車高を低くしたり、ブラックライトをつけたり、マフラーを音のなるものにしたり、フワフワな布のようなものを敷いたり、ミラーの所にハワイアンな飾りをつけていました。

私は当初それがかっこいいものとは思えなかったので、譲り受けたRVRには特に何も施しませんでした。飾りもつけること無く、改造することも無く純正のままで乗っていたので、友達からは何で何もしないのかよく聞かれました。何故かそういった手を加える気にはならなかったのです。

意味も無く農道を走ったり

免許を取ってからというもの、大学の友達とは事あるごとにドライブに出かけました。大学は田舎にあったので、講義と講義の合間などはみんなでそれぞれの車に乗って、意味も無く農道を走ったりしました。今思うと何をやっていたのだろうかと気恥ずかしくなるのですが。。

車を持ったことで行動範囲は広まり、お昼ご飯を大学の外に食べに行くこともありました。友達の車を日替わりで乗って出かけていましたが、みんな私のRVRが一番乗り心地が良いと言っていました。そりゃあ車高を落としていたら身体に感じる振動も大きくなりますよね。RVRが一番車高が高かったので、走りは静かでした。

友達の車で出かけると、段差でとても慎重になっていました。勢いよく上がったり下りたりすると、すぐにガリガリッとこすってしまうんです。自分の車はその心配もなかったので、友達には新鮮で運転してみたがる人もいました。

四駆なので山道も問題なく

旅行で遠出をする時は、私の専門でした。みんなで草津の温泉に行った時は、私の車で行きました。四駆なので、山道も問題なく走れるからでした。車体は少し大きくて車高も高めだけれど、見通しもいいし運転しやすいし、何より、スピードを出しても安定していて、旅行にはもってこいでした。

私自身、後ろに乗るより運転する方が好きなので、旅行は本当に楽しかったです。その後8年間RVRに乗っていましたが、不便だと思うことは一切なく、おかげで本当に快適な車ライフを送れました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

RVR インプレッション
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ