ダイハツ タフト ボディカラー/内装/パッケージング写真を公開

ダイハツは、2020年6月に発売予定の新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」に関する情報を、2020年4月20日にダイハツホームページで追加公開した。

コンセプトは“Tough & Almighty Fun Tool”

「タフト」は、“Tough & Almighty Fun Tool”をコンセプトに、「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる相棒」を目指して開発中の、軽乗用車とSUVのクロスオーバータイプの新型車となる。

「タフト」は、前席上に設置した大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備し、広大な視界による開放感と非日常感を実現した。

タフトの外装イメージ

ダイハツ タフト (レイクブルーメタリック)

ダイハツ タフト (レイクブルーメタリック)

ダイハツ タフト (フォレストカーキメタリック) ディーラーオプション[メッキパック]装着車

ダイハツ タフト (フォレストカーキメタリック) ディーラーオプション[メッキパック]装着車

ダイハツ タフト (レイクブルーメタリック)

ダイハツ タフト (フォレストカーキメタリック) ディーラーオプション[メッキパック]装着車

スカイフィールトップ

スカイフィールトップ イメージ(昼)

スカイフィールトップ イメージ(夜)

新発想のパッケージングコンセプト「Backpackスタイル」

バックパックスタイル

丈夫で軽く、出かけるときに動きやすいバックパックを背負う人の姿をイメージした、新発想のパッケージングコンセプト「Backpackスタイル」を採用。前席はワクワク感を表現したデザインと多彩なポケッテリアが特長の「クルースペース」、後部は自由自在にアレンジ可能なリヤシートとラゲージによる日常からレジャーまで活躍できる「フレキシブルスペース」とし、アクティブに活動できる軽快さと高い積載性を両立した。

タフトのインテリア

前席シート

動パーキングブレーキスイッチ

ユーティリティスペース

カップホルダー(前席/堀込み式)

大型インパネトレイ(助手席)

ローブボックス(2層) 上層にETC、ドライブレコーダー本体、Wi-Fiルーターを収納可

トランクスペース

フレキシブルボード

下段モード

たてかけモード

フレキシブルボードフック

シートアレンジ

リヤシート

完全フラットモード

フレキシブルスペース イメージ (バックドアからの様子)

新色3色含む全9色のカラーラインアップ

新色アースカラー3色を含む全9色のカラーラインアップ。さらにDNGA新プラットフォームによりフラットな乗り心地と高い操縦安定性、軽快な加速感など、基本性能を引き上げている。

レイクブルーメタリック

レイクブルーメタリック

フォレストカーキメタリック

フォレストカーキメタリック

サンドベージュメタリック

サンドベージュメタリック

ライトシルバーメタリック

ライトシルバーメタリック

レモンスカッシュクリスタルメタリック

レモンスカッシュクリスタルメタリック

スプラッシュブルーメタリック

スプラッシュブルーメタリック

ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリック

シャイニングホワイトパール

シャイニングホワイトパール

コンパーノレッド

コンパーノレッド

ダイハツのスモールSUV購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

タフト
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ