ダイハツ トールがマイナーチェンジ 使い勝手向上と内外装デザイン刷新

ダイハツ トールカスタム Gターボ(ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ)

ダイハツは、小型乗用車「トール(THOR)」をマイナーチェンジし2020年9月15日から発売した。

トール マイナーチェンジの概要

予防安全機能「スマートアシスト」の進化

  • 新型ステレオカメラ搭載により、衝突警報機能、衝突回避支援ブレーキ機能を、夜間歩行者検知、追従二輪車検知に対応させるとともに、検知距離、対応速度の向上を実現
  • 以下新機能を追加し「安全・安心」を強化
    • ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)
    • 路側逸脱警報機能
    • ふらつき警報
    • 標識認識機能(進入禁止、一時停止、最高速度)
    • ADB(アダプティブドライビングビーム)
    • サイドビューランプ
    • 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)

 使い勝手の向上

  • 日常のドライブを利便性向上
    • 電動パーキングブレーキをダイハツ小型車として初採用
    • オートブレーキホールド機能搭載
    • シート形状を大幅に改良し、座り心地とホールド性を向上
  • 車内の快適さ向上
    • 9インチディスプレイオーディオをメーカーオプション設定
    • センタークラスターパネルにUSBソケットを追加
    • 助手席アッパートレイをティッシュBOXが収納できるサイズに拡大
  • 乗り降りのしやすさを向上
    • ドアロックまでの待ち時間を解消するタッチ&ゴーロック機能追加
    • 近づくだけでドアロックを解除するウェルカムドアロック解除採用
    • 予約しておくと、近づくだけでスライドドアが自動で開くウェルカムオープン機能追加

内外装デザインの刷新

トール

エクステリア

  • フロントバンパー&グリル新意匠
  • LEDヘッドランプ
  • 14インチフルホイールキャップ新意匠

ダイハツ トール G(レーザーブルークリスタルシャイン)

ダイハツ トール G(レーザーブルークリスタルシャイン)

インテリア

  • 内装色(ブラウン)のトーン変更
  • 座り心地とホールド性を向上したシート形状
  • 内装色と統一感を持たせたシート色(ブラウン)
  • センタークラスターパネル新意匠

ダイハツ トール G(レーザーブルークリスタルシャイン)

ダイハツ トール G(レーザーブルークリスタルシャイン)

トール カスタム

エクステリア

  • フロントバンパー&グリル新意匠
  • ADB<アダプティブドライビングビーム>採用のヘッドランプ新意匠
  • 15インチアルミホイール新意匠
  • リヤコンビネーションランプ新意匠

ダイハツ トールカスタム Gターボ(ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ)

ダイハツ トールカスタム Gターボ(ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ)

 

インテリア

  • アクセントカラー(ブルー)のトーン変更
  • 座り心地とホールド性を向上したシート形状
  • シート表皮の色味(ブラック、青ステッチ)変更
  • センタークラスターパネル新意匠

ダイハツ トールカスタム Gターボ(ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ)

ダイハツ トールカスタム Gターボ(ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ)

ダイハツトール マイナーチェンジモデルの価格

  • 共通仕様:CVT、5人乗り
グレード エンジン 2WD 4WD
カスタムGターボ 1.0L直3ターボ 2,046,000
カスタムG 1.0L直3自然吸気 1,914,000 2,090,000
Gターボ 1.0L直3ターボ 1,864,500
G 1.0L直3自然吸気 1,743,500 1,919,500
X 1,556,500 1,732,500

※価格は2020年9月15日現在のメーカー小売希望価格(消費税10%込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

ダイハツ トールの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

トール
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ