トヨタ サイノス (2代目 L50 1995-1999):新たに1.3L車を設定しコンバーチブルを追加

トヨタ サイノス 1995

トヨタ サイノス 1995

1991年に初代モデルが発売されたコンパクトな2ドア・スペシャリティクーペ「サイノス」は、1995年8月実施のフルモデルチェンジにより2代目モデルに移行しました。先代同様ベースモデルは「ターセル」及び「コルサ」(5代目)で、キープコンセプトのモデルチェンジであったものの、新たに1.3L車が設定された他途中でコンバーチブルが追加されました。

ボディスペックは先代とほぼ同等

トヨタ サイノス 1995

トヨタ サイノス 1995

スタイリングは先代のイメージを色濃く受け継ぐもので、ボディサイズもほぼ同等の全長4,155mm×全幅1,660mm×全高1,295mmであった他、ホイールベースも同一の2,380mmでした。又、車両重量はクーペ初期型で870~960kgで、これも先代後期型とほぼ同等でした。そしてサスペンション形式も、先代同様のフロント:ストラット式/リア:トレーリングツイストビーム式が踏襲されました。

トヨタ サイノス 1995

トヨタ サイノス 1995

駆動方式は先代に引き続きFFのみの設定で、エンジンは先代に設定されていた5E-FE型と5E-FHE型の2種類の1.5L直4DOHCユニットの内、後者のみがキャリオーバーされ、前者は前述した1.3L直4DOHCの4E-FE型に置換されました。スペックは、4E-FE型が最高出力88ps/最大トルク11.8kgm、5E-FHE型が最高出力110ps/最大トルク13.9kgm(先代から-5ps/+0.1kgm)でした。

先代から燃費が向上

トランスミッションは、4E-FE型には4速MTと3速トルコン式ATが、5E-FHE型には5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。10モード燃費は4E-FE型のMT車が19.2km/L、AT車が16km/Lで、先代の5E-FE型搭載車より大きく向上し、5E-FHE型はMT車が15.8km/L、AT車が13.4km/Lとなり、こちらも先代同一型式から向上を果たしていました。

トヨタ サイノス 1995

トヨタ サイノス 1995

発売当初のグレード体系は、4E-FE型エンジン搭載の「1.3α」「1.3αジュノパッケージ」と、5E-FHE型エンジン搭載の「1.5β」の3タイプがラインナップされました。安全装備面では、当初は「1.3α」以外に運転席エアバッグシステムが標準装備されるに留まったものの、1996年9月の仕様向上で全車にデュアルエアバッグシステムとABSが標準化されました。それに伴い、車両重量が10kg増加しました。

トヨタ サイノス コンバーチブル 1996

トヨタ サイノス コンバーチブル 1996

次いで翌10月に、手動ソフトトップを採用したコンバーチブルが追加されました。グレード体系は「1.3αコンバーチブル」(4速MT/3速AT)と「1.5βコンバーチブル」(4速ATのみ)の2タイプが基本で、他に特別仕様車として黄色の内外装を採用した「1.3αコンバーチブル・イエローバージョン」(3速ATのみ)が設定されました。車両重量は、クーペより70kg重い950~1,040kgでした。

トヨタ サイノス コンバーチブル 1996

トヨタ サイノス コンバーチブル 1996

トヨタ サイノスのCM

1995年頃のCM globe 小室哲哉 トヨタ・サイノス TOYOTA CYNOS

M/CでGOAボディを採用

続いて1997年12月にマイナーチェンジが実施され、衝突安全ボディ「GOA」の採用と共にマルチリフレクターヘッドランプが装備されました。同時に、1.3L車のMTが5速化された他、1.5L車に新グレード「1.5βVパッケージ」が追加されました。尚、GOAボディ採用に伴い車両重量は20~30kg増加しました。そして1999年7月にベースモデルのターセル/コルサの生産終了に伴い、サイノスも生産を終了しました。

トヨタのスポーツモデル購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

トヨタその他
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ