トヨタ ラウム (2代目 Z20 2003-2011):ピラーレスの「パノラマオープンドア」採用

トヨタ ラウム 2003

トヨタ ラウム 2003

初代モデルが1997年にデビューしたトヨタのコンパクト・トールワゴン「ラウム」は、2003年5月に実施されたフルモデルチェンジにより2代目モデルに移行しました。先代からプラットフォームが一新された他、助手席側の後席用ドアに「パノラマオープンドア」と呼ばれる大開口のセンターピラー内蔵ドアを採用した事が最大の特徴でした。

全車フロント・セパレートシート仕様に

スタイリングはキープコンセプトにより先代のイメージが受け継がれた他、ボディサイズも先代と大差ない全長4,045mm×全幅1,690mm×全高1,535~1,545mmの5ナンバーサイズが維持されました。ホイールベースは20mm短縮され2,500mmとなり、車両重量は衝突安全性能の強化もあり若干増加し、1,130~1,220kgとなりました。

トヨタ ラウム 2003

トヨタ ラウム 2003

先代同様2列シート5人乗り仕様の室内は、フロント・ベンチシート仕様が廃止されセパレートシート仕様に統一されました。又、センターメーター方式やインパネシフト、楕円ステアリングホイールの採用により、運転席廻りの雰囲気が一新されました。サスペンション形式は、先代同様のフロント:ストラット式・リア:トーションビーム式(FF)/トレーリングリンク式(4WD)が踏襲されました。

エンジン刷新でアウトプットと燃費が向上

駆動方式も同様にFFとフルタイム4WDが設定され、エンジンは引き続き1.5L直4 DOHCが搭載されたものの、型式が5E-FE型から1NZ-FE型に変更されました。スペックはFF用が最高出力109ps/最大トルク14.4kgm、4WD用が最高出力105ps/最大トルク14.1kgmで、共に先代から大幅なアウトプット向上を果たすと共に、燃費も改善されました。

トヨタ ラウム 2003

トヨタ ラウム 2003

トランスミッションは先代同様、全車電子制御4速トルコン式ATとの組み合わせでした。グレード体系は、グレード名無しのベースグレードの他、電動格納式リモコンドアミラーやプライバシーガラスなどが備わる「Cパッケージ」、センサー式オートエアコンなどが装備される「Gパッケージ」、エアロパーツやアルミホイールが装着されるスポーティな「Sパッケージ」がラインナップされました。

トヨタ ラウム 2003

トヨタ ラウム 2003

そして2005年8月の一部改良で、ディスチャージヘッドランプにオートレベリング機構が採用された他、全車にLED式ハイマウントストップランプやフロントフェンダー部にサイドターンシグナルランプが装備されました。次いで2006年12月の一部改良では、全車にフォグランプが標準装備されると共に、リアコンビネーションランプの意匠変更やボディカラーの追加などが行われました。

トヨタ ラウム 2003

トヨタ ラウム 2003

そして2011年10月に後継モデルの発売もなく生産終了となり、ラウムの車名はトヨタのラインナップから消滅しました。尚、翌2012年7月に実質的な後継モデルとなる「スペイド」がリリースされました。

トヨタのコンパクトカーを検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

トヨタその他
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ