ボルボ P1800 (’60-’63):美しいボルボのスポーツ・クーペ

シェアする

ボルボ P1800 series '61-'73

ボルボ P1800 series ’61-’73 (出典:favcars.com)

ボルボの2ドアクーペ「P1800」は、1960年に発表され、翌1961年に発売が開始されました。先行して販売されていたセダン/ワゴン型乗用車のシャシーを流用しながらも、本格的スポーツカーとして設計されていました。メカニズムはコンベンショナルなものでしたが、先進的で美しいスタイリングが持ち味でした。

イタリアでデザインされ、英国で生産されたボディ

ボディのデザインを手掛けたのは、イタリアのカロッツェリアに在籍するデザイナーで、ロングノーズ・ショートデッキのプロポーションと流麗なボディラインを備える、如何にもイタリア的なセンスを感じさせるスタイリングでした。リアクォーターウィンドウが備わるデザインであるもののキャビンは小さく、乗車定員は2人でした。

ボルボ P1800 series '61-'73

ボルボ P1800 series ’61-’73 (出典:favcars.com)

ボディの生産は、ボルボ社自身に生産能力がなかった為、製造がイギリスの「プレストスチール」に、最終的な組み立てが同じくイギリスの高級GTカーメーカー「ジェンセン」に委託されました。ボディサイズは、全長4,400mm×全幅1,700mm×全高1,280mmというスポーツカーらしく全高が低いディメンションで、車両重量は1,130kgでした。

手堅いシャシー設計、動力性能は一流

シャシーは、1956年に発売されたセダン/ワゴン型乗用車の「P120・アマゾン」のものが流用されましたが、ホイールベースは150mm短縮され、2,450mmに設定されました。サスペンション形式は、フロントがダブルウィッシュボーン/コイル式、リアがトレーリングアーム・パナールロッド/コイル式によるリジッドタイプでした。ブレーキは、フロントがディスク式、リアがドラム式でした。

ボルボ P1800 series '61-'73

ボルボ P1800 series ’61-’73 (出典:favcars.com)

エンジンは、B18B型と呼ばれる1.8L直4OHVツインキャブレター仕様で、初期型は最高出力97ps/5,800rpm、最大トルク14.3kgm/3,800rpmのスペックでした。トランスミッションは4速MTで、後にオーバードライブ付がオプション設定されました。駆動方式は、P120と同様のFR方式でした。動力性能は最高速度172km/h、0-400m加速18.6sで、当時としては第一級のスペックでした。(※データはcarfolio.com調べ)

改良が続けられロングセラーに

オリジナルのP1800は1963年までの生産でしたが、後に複数回に及ぶエンジン性能の向上やブレーキ性能の強化、フェイスリフトなどを行い、車名を「1800S」から「1800E」へと変えながら、基本設計を変えないまま最終的に1972年まで生産が継続されるロングセラーモデルとなりました。後継モデルは登場せず、ノッチバックのスポーツクーペは最後となりました。

ボルボ P1800 series '61-'73

ボルボ P1800 series ’61-’73 (出典:favcars.com)

P1800の主要なマーケットは、スポーツカーに対して大きな需要を持つ北米でしたが、日本においてもヤナセによって販売され、一定の台数が出回りました。また、わずかですが北欧自動車でも輸入が行われていました。その美しいスタイリングと比較的メンテナンスが容易である事から、現在も欧州製旧車の愛好家の間では根強い人気があり、中古車市場で目にする機会もあります。

人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます