MG MGB (1962-1980):モノコックボディを採用するとともに排気量を拡大

MG MGB Roadster (1962-1967)

かつてイギリスに存在していた自働車ブランド、MGは、1962年7月に「MGA1600MkⅡ」の後継モデルとなる新型スポーツカー「MGB」を発表しました。それまでのラダーフレーム式シャシーに代わりモノコックボディを採用、軽量化を図るとともに、エンジンも排気量拡大などによる性能向上が図られました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

まずはロードスターから

MG MGB Roadster (1962-1967)

ボディタイプは、当初はソフトトップが備わる2ドア・ロードスターのみの設定でした。スタイリングは、ロングノーズ・ショートデッキのプロポーションを受け継ぎながらも、直線基調のモダンなフォルムに変貌を遂げました。ボディサイズは全長3,893mm×全幅1,516mm×全高1,255mmで、MGAから全長と全高が縮小された一方、全幅は若干ワイド化されました。

MG MGB Roadster (1962-1967)

ホイールベースは77mm短縮され2,311mmとなり、車両重量は若干軽い920kgとなっていました。駆動方式はコンベンショナルなFRを踏襲し、エンジンは当初1.8L直4OHV SUツインキャブレター仕様(最高出力96ps/5,400rpm・最大トルク15.2kgm/3,000rpm)が搭載されました。トランスミッションはローがノンシンクロ式の4速MTが標準で、オプションでOD付が用意されました。

MG MGB Roadster (1962-1967)

動力性能は最高速度166km/h・0-60mph加速12.2sで、1.6Lエンジン搭載のMGA1600MkⅡから若干の向上を果たしていました。サスペンション形式は、フロントにダブルウィッシュボーン/コイル式、リアにリジッド・リーフ式が採用されました。ステアリング形式はラック&ピニオン式を踏襲し、ブレーキもMGA1600MkⅡ同様フロント:ディスク式/リア:ドラム式でした。

3ドアクーペの「GT」を追加

MG MGB GT (1965-1966)

その後1965年に、テールゲートとミニマムなリアシートが備わる3ドア・フィクスドヘッドクーペ「GT」が追加されました。次いで1967年にマイナーチェンジが実施され、「MkⅡ」に移行しました。トランスミッションのフルシンクロ化が図られるとともに、ボルグ・ワーナー製の3速トルコン式ATがオプション設定されました。またダイナモに代わりオルタネーターが採用されたのも変更点のひとつでした。

MG MGB Roadster (1974-1980)

続いて1969年に登場した「マークⅢ」では、リクライニングシートの標準化などが行われました。次いで1973年、GTのボディにローバー製3.5L V8OHV SUツインキャブレター仕様エンジン(最高出力139ps/5,000rpm・最大トルク26.7kgm/2,900rpm)を搭載し、最高速度201km/h・0-60mph加速7.7sの性能を持つ「GT V8」が追加されました。

MG MGB GT Limited Edition (1980)

続いて翌1974年には、主要なマーケットであったアメリカの新安全基準に対応するため、前後に大型の衝撃吸収バンパーが装着されました。その後アメリカ市場で販売不振に陥ったため、1980年をもって生産終了となりました。後継モデルのリリースはなく、MGブランドのスポーツカーは一旦市場から完全に姿を消すこととなりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ