フォルクスワーゲン ゴルフⅠ(初代 ’74-’92):タイプ1の後継車種として登場しベストセラーに [17]

シェアする

フォルクスワーゲン ゴルフⅠ3Dr 1974  (出典:favcars.com)

フォルクスワーゲン ゴルフⅠ3Dr 1974 (出典:favcars.com)

フォルクスワーゲンは1974年5月、基本設計を戦前まで遡り、旧態化が著しくなっていた「タイプ1(ビートル)」の後継車種となる初代「ゴルフ」を発売しました。古典的な空冷エンジン+RR方式のメカニズムを採用するタイプ1から一転、先行して発売された上級モデル「パサート」や「シロッコ」と同様、近代的な水冷エンジン+FF方式のメカニズムが採用されました。

直線基調のスタイリングを採用

フォルクスワーゲン ゴルフⅠ3Dr 1974  (出典:favcars.com)

フォルクスワーゲン ゴルフⅠ3Dr 1974 (出典:favcars.com)

ボディタイプは、当初3ドア/5ドアハッチバックが用意され、2ドアのみのラインナップであったタイプ1から実用性が大幅に向上しました。ジョルジェット・ジウジアーロの手によるエクステリア・デザインは、曲線基調のタイプ1とは対照的な、パサートやシロッコの流れを汲む直線基調のボクシーなフォルムが採用されました。

フォルクスワーゲン ゴルフⅠ5Dr 1974  (出典:favcars.com)

フォルクスワーゲン ゴルフⅠ5Dr 1974 (出典:favcars.com)

初期型のボディサイズは全長3,705mm×全幅1,610mm×全高1,395mmで、タイプ1に対し全長と全高が縮小された一方、全幅はワイド化されました。ホイールベースは同一の2,400mmに設定され、車両重量は若干軽い750~830kgでした。フロントに搭載されるエンジンは、傘下のアウディNSUアウトウニオン社の設計による直4SOHCユニットが採用されました。

フォルクスワーゲン ゴルフⅠ3Dr 1974  (出典:favcars.com)

フォルクスワーゲン ゴルフⅠ3Dr 1974 (出典:favcars.com)

当初用意されたのはガソリン1.1L(最高出力50ps/最大トルク8.1kgm)と1.5L(最高出力70ps/最大トルク11.4kgm)の2種類で、トランスミッションは4速MTの他、後者には3速トルコン式ATも設定されました。サスペンション形式はタイプ1から全面的に刷新され、パサートと同様フロントにマクファーソンストラット式が、リアにトレーリングアーム式が採用されました。

ディーゼル車やホットモデルを追加

その他の機構面では、ステアリング形式はウォーム&ローラー式からラック&ピニオン式に変更され、ブレーキはフロントがドラム式からディスク式にアップグレードされました。又、ホイール&タイヤはタイプ1の15インチに対し、13インチが採用されました。そして翌1975年、1.5Lディーゼルエンジン(最高出力51ps/最大トルク8.2kgm)搭載車が追加されました。

フォルクスワーゲン ゴルフⅠGTI 1976  (出典:favcars.com)

フォルクスワーゲン ゴルフⅠGTI 1976 (出典:favcars.com)

追って1976年には、1.6Lガソリンエンジン(最高出力110ps/最大トルク14.3kgm)+5速MTを搭載し、強化サスペンションやフロントスポイラーが備わるホットモデル「GTI」がリリースされました。次いで1980年、カルマン社の手によるソフトトップカブリオレボディが架装される「カブリオ」が追加されました。そして1983年夏にハッチバックのフルモデルチェンジが実施され、2代目19E型に移行しました。

フォルクスワーゲン ゴルフⅠCabrio 1979  (出典:favcars.com)

フォルクスワーゲン ゴルフⅠCabrio 1979 (出典:favcars.com)

一方、カブリオは初代17型のまま1991年まで生産が続けられました。ゴルフ1は優れたパッケージングやトータルバランスの高さにより、世界的なベストセラーカーとなりました。日本市場においてはヤナセの手により1975年から輸入販売が開始され、ハッチバックはガソリン1.5L/1.6L/1.7L車とディーゼル1.5L/1.6L車が、カブリオはガソリン1.7L/1.8L車が導入されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます