ダイハツ ムーヴ (2代目 ’98-’02):新規格に対応し、居住性と安全性が向上 [L900/910S]

シェアする

ダイハツ ムーヴ '99

ダイハツ ムーヴ ’99 (出典:carsensor.net)

ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」は、初代モデルが登場してから3年後の1998年10月、軽自動車の規格が改正された事に伴い、「ミラ」などと共にフルモデルチェンジを実施しました。ボディはサイズを拡大すると共に、新国内衝突安全基準に対応する衝突安全ボディ「TAF」が採用された他、フロアパンの見直しによりシートポジションも改善されました。

スタイリングは、ショートノーズの1.5ボックススタイルを踏襲し、主にフロント廻りのデザインが異なる標準モデルと「カスタム」の2系統が用意される点も先代同様でした。特に、標準モデルは世界的カーデザイナーであるジウジアーロがデザインを手掛けた為、ヨーロッパ車的なセンスの良いエクステリアを備えていました。

ボディを拡大しエンジンも刷新

ボディサイズは、全長と全幅は新規格一杯となる3,395mm×1,475mmまで拡大され、全高もまた先代よりも高い1,650mm~1,695mmとなりました。ホイールベースも60mm延長され、2,360mmとなりました。ワゴンRと異なり5ドアのみの設定で、テールゲートが横開き式である点は、先代から踏襲されました。車両重量は、ボディ拡大に伴い先代よりも90kg程重い780kg~890kgとなっていました。

ダイハツ ムーヴ カスタム '98

ダイハツ ムーヴ カスタム ’98 (出典:carsensor.net)

エンジンは全面的に刷新され、直3 SOHC NAのEF-SE型、直3 DOHC NAのEF-VE型、及び直4 DOHCターボのJB-DET型の3種類となりました。最高出力と最大トルクは、それぞれ45ps/5.6kgm、58ps/6.5kmg、64ps/10.9kgmでした。トランスミッションは、先代同様5速MTと3速/4速トルコン式ATが用意され、標準モデルのATはコラムシフト化されて前席ウォークスルーが実現しました。

ダイハツ ムーヴ '99

ダイハツ ムーヴ ’99 (出典:carsensor.net)

駆動方式はFFとフルタイム4WDの設定となり、先代のMT車に採用されていたパートタイム4WDは消滅しました。サスペンション形式は、フロントのマクファーソンストラット式は先代と共通で、リアは新たにFFがトーションビーム式、4WDは3リンク式が採用されました。又、フロントディスクブレーキがベンチレーテッドタイプにアップグレードされました。

パッケージングが改善され安全装備も充実

インテリア面では、ダッシュボードがミラと異なる専用設計のものになると同時に、シートポジションが先代よりも高く設定され、頭上の無駄な空間が減り合理的なパーケージングとなりました。又、一部グレードに、ABS・トラクションコントロール・横滑り防止装置を統括して制御するDVSと、SRSデュアルエアバッグシステムがオプション設定されるなど、安全性も向上しました。

ダイハツ ムーヴ カスタム '98

ダイハツ ムーヴ カスタム ’98 (出典:carsensor.net)

1999年1月に一部改良が行われ、カスタムの外装の一部変更などが行われると共に、ターボエンジンが直3 DOHCのEF-DET型(スペックはJB-DET型と同一)に置き換えられました。次いで同年5月には、ムーヴで初となるCVT仕様が追加されました。2000年10月にはマイナーチェンジを実施し、フェイスリフトを行うと共に、独自のTOPAZ触媒の採用により排出ガスのクリーン化を実現ました。

2代目ムーヴは、規格改正を利用して居住性や安全性を高めた事で、先代よりも車としての魅力度が一層増していました。販売も先代に引き続き好調で、ベストセラーを維持しました。→ダイハツ・ムーヴの最新総合ページへ

ムーヴ/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

ムーヴ/カスタムの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK