歴代ダイハツ ムーヴ フルモデルチェンジの歴史

ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」は、1995年8月に、このカテゴリーとしては「スズキ・ワゴンR」に続く2番目の車種として登場しました。登場がワゴンRの2年後であった事から、その大ヒットに触発されて開発されたパクリ商品ではないかと揶揄される事がありましたが、ムーヴの企画自体はワゴンR発売前に立ち上がっていました。

初代ダイハツ ムーヴ (1995-1998 L600/610S)

ダイハツ ムーヴ ’95

ワゴンRのフォロワーとして登場し、大ヒット

「ムーヴ」という車名は、自動車の価値観を新たな方向に動かしたいという意図が込められ命名されました。初代モデルは、「ミラ」のコンポーネンツを流用して製造された為、メカニズム上は格別目新しい機構はなかったものの、全高をミラよりも18㎝高く設定すると共に、ボンネットを短縮した事により実現した室内空間の広さが、最大の特徴となりました。

エンジンはNAとターボが用意され、トランスミッションは5速MTと3速及び4速トルコンATで、駆動方式はFFの他にフルタイム式及びパートタイム式の4WDが用意されました。1997年に実施された一部改良の際には、内外装をスポーティに演出した派生モデル「カスタム」が追加され、メーカー仕様カスタムワゴンの先駆けとなりました。

ダイハツ ムーヴ (初代 1995-1998):ワゴンRのフォロワーとして登場し、大ヒット [L600/610S]
ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」は、このタイプの元祖的存在である「スズキ・ワゴンR」の登場から遅れる事約2年の...

2代目ダイハツ ムーヴ (1998-2002 L900/910S)

ダイハツ ムーヴ ’99

新規格に対応し、居住性と安全性が向上

1998年に、軽自動車の規格改正に合わせ初のフルモデルチェンジを実施し、2代目となりました。全長と全幅が新規格一杯まで拡大されると共に、全高も初代モデルよりも高く設定され、居住性が一層向上しました。先代同様、標準モデルと共にカスタムも設定されましたが、特にジウジアーロのデザインによる標準モデルの洗練された外観が際立っていました。

ダイハツ ムーヴ (2代目 1998-2002):新規格に対応し、居住性と安全性が向上 [L900/910S]
ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」は、初代モデルが登場してから3年後の1998年10月、軽自動車の規格が改正され...

3代目ダイハツ・ムーヴ (2002-2006 L150/160S)

ダイハツ ムーヴ ’02

プラットフォームを刷新し、スタイリング路線を変更

2002年に2度目のフルモデルチェンジを実施し、プラットフォームを一新すると同時に、全高が若干下げられカジュアル志向の強いスタイリングに変化しました。又、4WDモデルがフルタイム式に統一され、トランスミッションは後にCVTが追加されました。そして、クルーズコントロールなど軽自動車としては先進的な装備を用意した事も、この3代目モデルの特徴でした。

ダイハツ・ムーヴ (3代目 2002-2006):プラットフォームを刷新し、スタイリング路線を変更 [L150/160S]
ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」は、2002年10月に4年ぶり2度目のフルモデルチェンジを実施し、3代目となり...

4代目ダイハツ ムーヴ (2006-2010 L175/185S)

ダイハツ ムーヴ ’06

大幅なイメージチェンジを図り、基本性能も向上

2006年に3度目のフルモデルチェンジを実施し、スタイリングが従来の1.5ボックススタイルから、ボディラインがボンネットから傾斜の強いフロントウィンドウへと続くワンモーションフォルムへと変わりました。全高が先代よりも更に低く設定された一方、ホイールベースは室内長を稼ぐ為逆に延長されました。又、エンジンが新開発の物に刷新されました。

ダイハツ ムーヴ (4代目 2006-2010):大幅なイメージチェンジを図り、基本性能も向上 [L175/185S]
ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」は、2006年10月に3度目となるフルモデルチェンジを実施し、4代目となりまし...

5代目ダイハツ ムーヴ (2010-2014 LA100/110S)

ダイハツ ムーヴ ’10

軽量化やアイドリングストップ機構で燃費を改善

2010年に4度目のフルモデルチェンジを実施した際には、再び1.5ボックススタイルに戻ると共に、軽量化対策を行い、モデルチェンジの度に重くなっていた車両重量が初めて先代よりも軽くなりました。又、エンジンの改良と共にトランスミッションをCVTに一本化し、アイドリングストップ機構を採用する事で、燃費が先代よりも大幅に向上しました。

ダイハツ ムーヴ (5代目 2010-2014):軽量化やアイドリングストップ機構で燃費を改善 [LA100/110S]
ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」は、2010年12月に4度目のフルモデルチェンジを実施し、5代目となりました。...

6代目ダイハツ ムーヴ (2014- LA150/160S)

ダイハツ ムーヴ ’14

走りの質感を大幅にアップ。安全装備を強化

「ムーヴ」は、2014年12月に5度目となるフルモデルチェンジを実施し、6代目となりました。

最大の特徴は、ボディの骨格構造を見直す事で軽量化と高剛性を両立させた事と、足回りの刷新により操縦安定性と乗り心地を大幅に改善した事にありました。又、衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシスト」の機能が強化され、更に一部改良でより高機能な「スマートアシストⅡ」に進化するなど、安全装備が大幅に充実しました。

ムーヴは、初代モデルから現行モデルまで一貫してベストセラーとなっており、ワゴンRと熾烈な販売競争を繰り広げるなど、軽トールワゴンの代表的な車種の一つになっています。しかし、キープコンセプトを貫いているワゴンRと比較すると、モデルチェンジごとにコンセプトが変わっている事が、ムーヴの特徴となっています。

ダイハツ ムーヴ (6代目 2014-):走りの質感を大幅にアップ。安全装備を強化 [LA150/160S]
ダイハツ 新型ムーヴの特徴 ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」は、2014年12月に5度目となるフルモデル...

 

ダイハツ ムーヴの購入を検討中なら、こちらもチェック!

ムーヴ/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ムーヴ/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどダイハツ ムー...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ムーヴ 歴代モデル
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ