スズキ スペーシアカスタムZ (’16-):ライバルに負けない迫力フェイスで巻き返し図る [MK42S]

シェアする

スズキ スペーシアカスタム Z

スズキ自動車は2016年12月26日、「スペーシア/スペーシアカスタム」をベースとした新型軽スーパートールワゴン「スペーシアカスタムZ」を発売しました。プラットフォームやパワートレイン、Aピラー以降のボディシェルをスペーシア/スペーシアカスタムと共有しながら、独自のフロントまわりのデザインやインテリアの採用により差別化を図ったモデルとなっています。

アグレッシブなフロントマスクを採用

ボディタイプはスペーシア/スペーシアカスタム同様、左右に後席用スライドドアを持つ5ドアハッチバックで、スタイリング面では高められたエンジンフードや大型グリルの採用などによりアグレッシブになったフロントマスクが持ち味となっています。ボディ・ディメンションは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,735~1,740mm、ホイールベース2,425mmで、スペーシア/スペーシアカスタムと同一となっています。

スズキ スペーシアカスタム Z

また、車両重量はスペーシアカスタムと同一の870~950kgとなっています。駆動方式はスペーシア/スペーシアカスタム同様FFとフルタイム4WDが設定され、パワートレインも共通の0.66L直3NA(最高出力52ps/最大トルク6.4kgm)および同ターボ(最高出力64ps/最大トルク9.7kgm)が用意されます。また、組み合わせられるトランスミッションも、同様に全車CVTとなります。

スズキ スペーシアカスタム Z

JC08モード燃費は25.6~30.6km/Lで、スペーシアカスタムと同一の数値となっています。サスペンション形式は、これもスペーシア/スペーシアカスタム同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:I.T.L式となります。一方インテリアは、ブラック基調のカラーとチタンシルバーの加飾がこのモデルならではの個性となっています。

充実した装備

グレード体系は、NAエンジン搭載のベースグレードとターボエンジン搭載の「ターボ」の2タイプが基本で、装備面では全車にオートレベリング機能付ディスチャージヘッドランプ、オートライトシステム、LEDフロントフォグランプ、後席左側ワンアクションパワースライドドア、運転席シートヒーター、エコクール、リアヒーターダクトなどが標準装備されます。

スズキ スペーシアカスタム Z

さらに、スペーシア/スペーシアカスタム同様に、ステレオカメラ方式による衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」(前方衝突警報機能+前方衝突被害軽減ブレーキ機能+前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能+自動ブレーキ機能)、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能機能が装備される「デュアルカメラブレーキサポート装着車」が設定されます。

スズキ スペーシアカスタム Z

さらに、このモデルならではのパッケージオプションとして、後席右側ワンアクションスライドドアやナノイー搭載フルオートエアコン、バックアイカメラなどが装備される「ユーティリティパッケージ」が設定されることが特徴となっています。

スペーシア/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

スペーシア/カスタムの買取り・下取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます