アストンマーティン DB7 (1994-2004):DB6以来久々にDBの称号を持つモデルとして登場

アストンマーティン DB7 (1994)

イギリスの高級スポーツカーメーカーであるアストンマーティン・ラゴンダは、1993年に新型グランツーリスモ「DB7」を発表、翌1994年に販売を開始しました。DBの称号を持つモデルとしては、1970年に生産終了となった「DB6」以来久々のリリースとなりました。当時同社はすでにフォード・モーター傘下に入っており、同じフォード傘下であるジャガーのグランツーリスモ「XJS」のコンポーネンツが流用されました。

クーペとコンバーチブルを用意

アストンマーティン DB7 (1994)

ジャガー・XJSと共通のプラットフォームに架装されるボディは、それとは全く異なる流麗なスタイリングを持っていました。ボディの素材は、伝統的にアルミニウムを採用してきた従来のアストンマーティン車とは異なり、XJSと同様スチール製が採用されました。ボディタイプは、2+2シーター仕様の2ドアクーペと2ドアコンバーチブル「ヴォランテ」が用意されました。

アストンマーティン DB7 Volante (1996)

ボディ・ディメンションは全長4,631mm×全幅1,820mm×全高1,238mm(クーペ)/1,270mm(ヴォランテ)、ホイールベース2,591mmで、かつて生産されていた「V8」に類似したディメンションを持っていました。サスペンション形式は、XJSと共通の4輪ダブルウィッシュボーン式が採用されました。ブレーキは当初、フロントのみベンチレーテッド型の4輪ディスク式でした。

アストンマーティン DB7 Volante (1996)

駆動方式はコンベンショナルなFRで、エンジンは当初3.2L直6DOHCスーパーチャージド(最高出力340ps/5,500rpm・最大トルク49.8kgm/3,000rpm)が搭載されました。組み合わせられるトランスミッションは5速MTまたは4速トルコン式ATで、前者は最高速度250km/hの性能でした。インテリアは、レザーシート&運転席パワーシートやウッドパネルが備わるラグジュアリーな仕様となっていました。

M/Cと同時にエンジンを置換

アストンマーティン DB7 Vantage (1999)

また、安全装備面ではSRSデュアルエアバッグシステムやABSが全車に標準装備されました。その後1999年にマイナーチェンジが実施され、車名が「DB7ヴァンテージ」に変更されるとともに、エンジンが5.9L V12DOHC NA(最高出力420ps/6,000rpm・最大トルク55.3kgm/5,000rpm)に置換されました。

アストンマーティン DB7 Vantage (1999)

同時に、トランスミションがMTは6速に、ATは5速にそれぞれ多段化されました。MT仕様のパフォーマンスは、最高速度298km/h・0-100km/h加速5sを誇りました。また、パフォーマンス向上に対応する為、リア・ブレーキがベンチレーテッド・ディスク式にアップデートされたほか、トラクションコントロールが装備されました。そして2003年に後継モデル「DB9」に後を譲り、生産終了となりました。

日本市場においては、1995年8月にクーペとヴォランテが初上陸を果たしました。その後1999年10月に、ヴァンテージ/ヴァンテージ・ヴォランテへの切り替えが図られました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

アストンマーティン時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ