キャロル フルモデルチェンジ (8代目 2021/12) 特徴や写真と価格 [HB37S/97S]

マツダ キャロル HYBRID GS (ソフトベージュメタリック)

マツダは、軽自動車「キャロル」をフルモデルチェンジし、2022年1月中旬から発売する。

新車購入ガイド:【2023最新】キャロルの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

新型キャロルの商品概要

エクステリアデザイン

マツダ キャロル HYBRID GX (ダスクブルーメタリック2トーンカラー(ホワイトルーフ))

  • 「気軽」「安心」「愛着」をコンセプトに、ベーシックなスタイルによって、世代を超えて誰もが気軽に安心して乗れる親しみやすいデザイン。
  • 丸みを帯びた柔らかなフォルムの中に楕円形のモチーフを取り入れ、小さな車体でも安心感のある立体的な造形を採用。
  • ボディーカラーは、新たに「ダスクブルーメタリック」と「ソフトベージュメタリック」をモノトーンカラーとして加え、「ダスクブルーメタリック2トーン(ホワイトルーフ)」を2トーンカラーとして追加。

新車購入ガイド:【2023最新】フレアクロスオーバーの値引き 納期 乗り出し価格

インテリアデザイン

マツダ キャロル インテリア

  • エクステリアと同様に「気軽」「安心」「愛着」をコンセプトとし、抑揚のある面や線で厚みと立体感を表現した毎日乗っても飽きのこないインテリア。
  • インパネとドアトリムに落ち着きのあるネイビーカラーを採用し、上質感や居心地のよさを表現。
  • デニム調のシート表皮を採用。シート背面はブラウンとし、シート全体で親しみやすさを演出。

パッケージングと利便性

  • 全高を50mm、室内高を45mm、室内幅を25mm現行車より拡大し、前席・後席ともに広い視界とヘッドクリアランス、ゆとりあるショルダールームとすることで広い室内空間を実現。
  • フロントドア開口部の高さ方向を20mm現行車より拡大して前席の乗降性を向上。
  • インパネトレー(助手席)やフロアコンソールトレー、インパネドリンクホルダー(運転席、助手席)をはじめ、大型のスマートフォンも収納できるインパネセンターポケットなど、ドライバーから手の届く位置に豊富な収納スペースを設置。

軽量・高剛性、静粛性の高いボディ構造

  • 剛性、衝突性能、走行性能などに優れた軽量・高剛性のプラットフォーム。
  • バックドア、センターピラー、サイドドアでそれぞれ環状構造を形成する「環状骨格構造」とすることで、ボディ全体の剛性を向上。
  • ルーフパネルとメンバーの接合部に高減衰マスチックシーラー*3を採用し、こもり音や雨音を低減。

運転支援機能の拡充

  • 夜間の歩行者も検知するステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能を全車に標準装備。
  • 6エアバッグ(運転席・助手席SRSエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ)を全車に標準装備。

軽自動車トップクラスの燃費性能

  • —低速から中高速までの実用速度域で優れた燃費性能と軽快な走りを実現するR06D型エンジンとISG(モーター機能付発電機)と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載。(HYBRID GS、HYBRID GX)
  • WLTCモード燃費では軽自動車トップクラスの27.7km/Lを達成し、2030年度燃費基準95%達成でエコカー減税(重量税)*6免税。(HYBRID GSとHYBRID GXの2WD車)
  • 低燃費と力強い走りを両立するR06A型エンジンと、減速時のエネルギーで発電・充電し、無駄な燃料消費を抑える「エネチャージ」を採用。発電によるガソリン消費を最小限に抑えるとともに、エンジンへの負担を軽減して軽快な走りにも貢献。(GL)

新型キャロルの価格

グレード エンジン 2WD(FF) 4WD
GL 0.66L DOHC 998,800 1,129,700
HYBRID GS 0.66L DOHC 吸排気VVT
マイルド ハイブリッド
1,097,800 1,228,700
HYBRID GX 1,259,500

※価格はメーカー小売希望価格(消費税10%込)です。

新車購入ガイド:【2023最新】フレアワゴンの値引き 納期

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

キャロルフルモデルチェンジ/新型車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ