ダイハツ コンパーノ スパイダー (1965-1968):同社初のオープンモデルとしてデビュー [F40K]

ダイハツ コンパーノ スパイダー (1965)

ダイハツ工業は1963年4月に同社初の4輪車「コンパーノ・ライトバン」を発売した後、同年11月にその乗用セダン版となる「コンパーノ・ベルリーナ」を追加しました。そして1965年4月、そのベルリーナをベースにした2ドア4シーター仕様のソフトトップカブリオレ「コンパーノ・スパイダー」をリリースしました。

1Lツインキャブエンジンを搭載

ダイハツ コンパーノ スパイダー (1964 東京モーターショー出品車)

ボディは、ベルトラインから下はイタリアのコーチビルダー「カロッツェリア・ヴィニャーレ」によりデザインされたベルリーナと基本的に共通で、そのフォルムは「シューティングライン」と呼ばれました。又、キャンバストップはワンタッチタイプの折り畳み式が採用された他、マフラーは2本出しタイプが装着されました。

ボディサイズは全長3,795mm×全幅1,445mm×全高1,350mmで、全長・全幅はベルリーナと同一、全高のみそれよりも60mm低く設定されました。ホイールベースはベルリーナと共通の2,220mmで、車両重量は50kg増加し790kgとなっていました。サスペンション形式は、フロント:ダブルウィッシュボーン/トーションバー式・リア:リジッド・リーフ式が踏襲されました。

ダイハツ コンパーノ スパイダー (1965)

駆動方式も同じくFRで、エンジンはベリーナ用の800cc直4OHVシングルキャブレター仕様のFC型をベースに、排気量を拡大すると共にSUツインキャブレターを装備したFE型が採用されました。スペックは最高出力65ps/最大トルク7.8kgmで、FC型から24ps/1.3kgmのアウトプット向上を果たしていました。

トランスミッションは、ベルリーナよりもギアレシオが低められた4速フロア式MTが採用されました。最高速度はベルリーナを35km/h上回る145km/h、0-400m加速は18.5sという動力性能を備えていました。その他の機構面では、4輪デュオサーボ式ドラムブレーキやボール・ナット式のステアリング形式などは、ベルリーナと共通でした。

65年式、ダイハツ コンパーノ スパイダー、F40K型

タコメーターを装備

一方タイヤサイズは、ベルリーナの5.00-12に対し、よりワイドな6.00-12が装着されました。又、室内は木目調パネルや3本スポーク式ステアリングホイールの採用など、基本的にベルリーナの上級グレード「デラックス」と共通のイメージで纏められた一方で、メーターパネルはタコメーターを追加した丸型4眼式となり、ベルリーナとの差別化が図られました。

ダイハツ コンパーノ スパイダー (1965)

装備面では、ベルリーナ・デラックス同様にラジオやヒーター、シガーライターなどが標準装備されました。そして1967年4月のマイナーチェンジでフロントマスクが変更されると共に、フロントブレーキがディスク化されました。次いで1968年6月に実施された2度目のマイナーチェンジでは、フロントグリルやテールランプの意匠が変更されました。

そして同年中をもって生産を終了、翌年にベルリーナの後継モデルとして登場した「コンソルテ」にはカブリオレは設定されず、同社のオープンモデルは1991年発売の「リーザスパイダー」まで途絶える事となりました。

ダイハツ車を購入検討中なら、こちらもチェック!

新型ロッキー 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ロッキーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどダイハツ 新型ロッキー...
タント値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
タント/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどダイハツ 新型...
ムーヴ/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ムーヴ/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどダイハツ ムー...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ダイハツその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ