ダイハツ シャルマン (2代目 1981-1987):7年ぶりのフルモデルチェンジで近代化 [A35/55]

ダイハツ シャルマン (2代目 1981)

1974年に同社の最上級車として発売された「シャルマン」は、1981年10月に7年ぶりにして初のフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行しました。先代が親会社であるトヨタ自動車の2代目「カローラ」(E20型)をベースに開発されたのに対し、2世代後の4代目カローラ(E70型)がベースとなった為、メカニズム面での近代化が実現しました。

新車購入ガイド:【2023最新】タントの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

ダイハツ独自のデザインを採用

ダイハツ シャルマン1500 ALTAIR (2代目 1981)

ボディタイプは先代にラインナップされていたライトバンが廃止され、4ドアセダンのみとなりました。又、一部のボディ部品をカローラと共有した先代と異なり専用のボディパネルが採用され、外観はより独自性を強めたものとなりました。同時に、旧態化が目立っていた先代に対し遥かにモダンな雰囲気に変貌を遂げました。

ダイハツ シャルマン (2代目)

ボディサイズは全長4,200mm×全幅1,625mm×全高1,380mmで、プラットフォームを共有するE70型カローラよりも全長・全幅が大きく、先代に対してもそれぞれ195mm×105mm×10mm拡大されていました。ホイールベースはE70型カローラと同一の2,400mmで、先代からは65mm延長されました。

新車購入ガイド:【2023最新】タフトの値引き 納期 乗り出し価格

先代に引き続きトヨタ製エンジンを採用

ダイハツ シャルマン (2代目)

サスペンション形式は、フロントは先代同様のストラット式が踏襲された一方で、リアは旧式なジッド・リーフ式から4リンク・コイル式に変更されました。駆動方式はFRが踏襲され、エンジンは先代同様トヨタ製ユニットが搭載されました。用意されたのは、先代からキャリオーバーされた1.3L直4OHVの4K-U型と、新設定された1.5L直4SOHCの3A-U型の2種類でした。

最高出力/最大トルクはそれぞれ74ps/10.7kgm、80ps/11.8kgmとなる他、トランスミッションは当初4速/5速MTと3速トルコン式ATが設定されました。又、初期型のステアリング形式は1.3L車と1.5L車で異なり、前者にはラック&ピニオン式が、後者にはリサーキュレーティング・ボール式が採用されました。一方インテリアは、インパネやシートなどが先代より遥かにモダンな意匠となりました。

ダイハツ シャルマン (2代目 マイナーチェンジ 1983)

発売時のグレード体系は、下から1.3Lの「LD」「LC」「LE」、1.5Lの「LGF」「LGX」「ALTAIR(アルティア)」のラインナップで、最上級グレードのALTAIRにはパワーステアリングやパワーウィンドウ、FM/AMラジオが標準装備されました。そして1983年8月のマイナーチェンジにより、1.5L車に内外装の変更が施されると共に、ステアリング形式が1.3L車と同様のラック&ピニオン式に変更されました。

同時に、ALTAIRのグレード名が「ALTAIR L」に変更されると共に、大型カラードバンパーや4速トルコン式ATが採用されました。次いで1984年9月の一部改良では、1.5L全車に大型バンパーが採用されました。そして1987年5月にベースモデルのカローラがFF方式を採用した6代目E90型に移行した事を受け、同年10月を持って生産終了となりました。

先代モデル:初代シャルマン

ダイハツ シャルマン (初代 1974-1981):トヨタ・カローラをベースに上質感を追求 [A10/20/30/40]
ダイハツ工業は1974年11月、大衆車「コンソルテ」の上位に位置し、同社として最上級車となる小型車「シャルマン」...

新車購入ガイド:【2023最新】ムーヴキャンバスの値引き 納期 乗り出し価格

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

シャルマン時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ