ダイハツ シャルマン (初代 1974-1981):トヨタ・カローラをベースに上質感を追求 [A10/20/30/40]

ダイハツ工業は1974年11月、大衆車「コンソルテ」の上位に位置し、同社として最上級車となる小型車「シャルマン」を発売しました。業務提携関係を締結していたトヨタ自動車の2代目「カローラ」(E20型)のシャシーやパワートレインを流用しながらも、オリジナリティを追求した内外装デザインの採用により、クラスを超えた上質感が演出されていました。

エンジンはトヨタ製を採用

ボディタイプは4ドアセダンと5ドアライトバンがラインナップされ、直線基調のフォルムや同クラスでは珍しかった丸型4灯式ヘッドランプ採用のフロントマスクなどにより、カローラとは一味異なるシックな外観となっていました。ボディサイズは、E20型カローラと実質的に同等の全長4,005mm×全幅1,520mm×全高1,370mmで、ホイールベースは同一の2,335mmでした。

又、フロント:ストラット式/リア:リジッド・リーフ式のサスペンション形式やFRの駆動方式など、コンベンショナルなメカニズムはカローラ譲りのものでした。エンジンもカローラと共通のトヨタ製で、当初1.2L直4OHVシングルキャブレター仕様の3K型(最高出力68ps/最大トルク9.5kgm)と、1.4L直4OHVシングルキャブレター仕様のT型(最高出力86ps/最大トルク12kgm)が用意されました。

トランスミッションは4速MTの他、当初は2速トルコン式ATも用意されました。一方インテリアは、カローラと異なり角型3眼式メーターが採用されるなど、エクステリア同様に落ち着いた雰囲気が演出されていました。そして1975年11月の一部改良により、セダン全車が昭和50年排出ガス規制に適合しました。

強化された排出ガス規制に対応

次いで1976年11月のマイナーチェンジによりフロントグリルの意匠が変更されると共に、セダン全車が昭和51年排出ガス規制に適合しました。同時に、ラジアルタイヤやタルボ型フェンダーミラーが備わるスポーティグレード「スポーティカスタム」と、ラグジュアリー仕様の最上級グレード「グランドカスタム」が追加された一方で、2速AT仕様が廃止されました。

続いて1978年3月に実施された2度目のマイナーチェンジでは、スラントノーズの採用などによりフロント廻りの意匠が刷新されると共に、エンジンが昭和53年排出ガス規制に適合した1.3L直4OHVシングルキャブレター仕様の4K-U型(セダン)/4K-J型(バン)及び1.6L直4OHVシングルキャブレター仕様の2T-U型(セダン)/2T-J型(バン)に置換されました。

追って同年7月、1.6L車に3速トルコン式AT仕様が設定されました。そして1981年10月にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行しました。初代シャルマンは、発売時点でベースモデルのカローラが既に3代目E30型に移行していた事などから基本設計自体が古く、更に1979年にカローラが4代目E70型にフルモデルチェンジされた後もそのまま販売が継続されるなど、商品力は決して高いとは言えませんでした。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ダイハツその他
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車