ジャガー420 (1966-1968):SタイプのボディにマークXのフロントマスクを移植

ジャガー 420 1966

ジャガー・カーズは1966年10月、大型4ドアサルーン「マークX」の後継モデル「420G」と共に、小型4ドアサルーン「Sタイプ」の後継モデルとなる「420」を発表しました。全面的な改良が施された訳ではなく、SタイプのボディにマークXに類似したフロントマスクとパワートレインを移植した過渡的なモデルで、販売期間は短く生産台数も少数に留まりました。

バランスが整えられたスタイリング

開発の意図として、「Mk1/Mk2」をベースにボディ後半部分の延長及びリデザインを施したSタイプのスタイリングが不評で、販売不振の要因となっていた事が挙げられました。そこで、よりバランスの取れたスタイリングを実現すべく、マークX譲りの直立したフロントグリルと丸型4灯式ヘッドランプが備わるフロントマスクが与えられた経緯がありました。

ジャガー 420 1966

同時にエンジンベイも拡大された為、より排気量の大きいマークX/420G用のエンジンを搭載する事が可能となりました。ボディのディメンションは全長4,770mm×全幅1,700mm×全高1,430mm、ホイールベース2,730mmで、全高が10mm高められた事を除きSタイプと同一のスペックでした。一方で、車両重量は50kg程重い1,678kgとなりました。

エンジンは4.2L直6を搭載

サスペンション形式は、フロント:ダブルウィッシュボーン/コイル式・リア:ロワウィッシュボーン+ラディアスアーム/ツインコイル式による4輪独立懸架が踏襲されました。そしてSタイプの3.4L及び3.8L直6DOHC SUツインキャブレター仕様エンジンに代わって搭載されたのは、4.2L直6DOHC SUツインキャブレター仕様エンジン (最高出力248ps/最大トルク39.2kgm)でした。

ジャガー 420 1966

420Gに搭載される同エンジンのSU3連キャブレター仕様に対し最高出力で11ps劣っていたものの、それよりも車両重量が100kg軽かった為、最高速度は同等の198km/hに達しました。トランスミッションはSタイプ同様に、4速MT/オーバードライブ付き4速MT/3速トルコン式ATの3種類から選択する事が出来ました。

ジャガー 420 1966

又、4輪ディスク式のブレーキ形式や、リサーキュレーティング・ボール式のステアリング形式などもSタイプと共通でした。一方、タイヤサイズは6.40×16から6.40×15へと小径化されました。グレードはモノグレード設定であったものの、傘下に収めていたデイムラー・ブランドから内装が一部異なるバッジエンジニアリング「ソブリン」がリリースされました。

ジャガー 420 1966

420は販売面で幸先の良いスタートを切ったものの、1968年になると同年末に予定されていた後継モデル「XJ6」のリリースを待つことなく生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ジャガー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ