ジープ レネゲード (2014-):ジープ・ブランド初の小型SUVとして登場

フィアット・クライスラー・オートモビルズは2014年3月に開催されたジュネーブ・モーターショーにおいて、ジープ・ブランド初の小型SUVとなる「レネゲード」を発表しました。2012年に生産終了となった「ジープ・リバティ」の実質的な後継モデルで、フィアット・ブランドのクロスオーバーSUV「500X」とプラットフォームを共有する姉妹車種の関係にありました。

ポップなエクステリアが特徴

ボディタイプは5ドアで、エクステリア・デザインは丸型2灯式のヘッドランプや7スロットのフロントグリルといったジープ・ブランドのアイコン性を継承しながらも、それまでにはないポップな雰囲気に仕立てられていました。また、SUVながらCd値0.34という良好な空力特性を実現したことも特徴でした。

ボディサイズは全長4,236mm×全幅1,805mm×全高1,667mmで、フィアット500Xと比較すると全高が高く、ホイールベースは共通の2,570mmに設定されました。駆動方式はFFとオンデマンド型4WDが設定され、後者には状況に応じて2WD/4WDの切り替えができる「PTU(パワートランスファーユニット)」や、走行モード切り替えシステムの「ジープ・テレインシステム」が装備されました。

エンジンは5種類

エンジンは、1.4L直4ターボ「マルチエアターボ」(最高出力140ps/最大トルク23.5kgm)と2.4L直4NA「マルチエア2」(最高出力185ps/最大トルク23.7kgm)のガソリン2種類と、1.6L直4(最高出力120ps/最大トルク32.6kgm)と2L直4(最高出力140ps/最大トルク35.7kgm)のディーゼルターボ「マルチジェット」2種類がラインナップされました。

その他に、ガソリンとエタノールが使用できる1.6L直4NAフレックス燃料型の「e-トルク」(最高出力110ps/最大トルク15.5kgm)も用意されました。組み合わせられるトランスミッションは、1.4Lガソリンが6速MTまたは6速DCT、2.4Lガソリンが9速トルコン式AT、1.6Lディーゼルが6速MT、2Lディーゼルが6速MTまたは9速トルコン式AT、1.6Lフレックス燃料型が5速MTでした。

また、1.4Lガソリン車と1.6L/2Lディーゼル車には、アイドリングストップ機構が採用されました。サスペンション形式は4輪マクファーソンストラット式で、ブレーキはフロントがベンチテーテッド型、リアがソリッド型の4輪ディスク式が採用されました。そのほか4WD車のみの装備として、ブレーキを踏まずに一定速度でのダウンヒルができる「ヒルディセントコントロール」が採用されました。

予防安全装備も用意

グレードは下から「ロンジチュード」「リミテッド」「トレイルホーク」の3種類のラインナップで、安全装備面では全車にSRS7エアバッグシステムやブレーキアシスト付きABSが標準装備されるほか、上級グレードには予防安全装備の「前方衝突警報」や「LaneSence車線逸脱警報プラス」、「ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション」が装備されました。

日本市場への初上陸は2015年9月で、当初のグレードは1.4Lエンジン+6速DCT+FF方式の「オープニングエディション」およびリミテッドと、2.4Lエンジン+9速AT+4WD方式のトレイルホークが用意されました。その後オープニングエディションはカタログ落ちし、代わって2016年6月に同じドライブトレインを搭載するロンジチュードがリリースされました。

SUVを購入検討中なら、こちらもチェック!

RAV4 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
RAV4の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ RAV4の新車...
C-HR値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
C-HRの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ C-HRの新車...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...
ハスラー値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ハスラーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ ハスラーの新車...
ジムニー/シエラ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ジムニー/シエラの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ 新型ジ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ジープ
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ