自衛隊で使われている車両の特徴

jieitai_1

自衛隊で使われている車両の秘密を情報保全に引っかからない程度でご紹介します。

自衛隊の車両は国防を主目的に作られており、メーカーもいすゞ、三菱、トヨタと様々です。色は目立たないようにOD(オリーブドラブ)色という迷彩色が使用されており、作りも普通の自動車とは違います。

デフロックは必需品

最大の特徴はデフロック機能がほぼすべての車につけられています。デフロック機能とは正式名称をディファレンシャルロック機能といい、錯雑地や山道、不整地を走行することの多い自衛隊車両につけられた機能です。

どういう機能かというと、自動車のディファレンシャルという普通の道路を走行中、カーブする際の両輪の差を考慮し、一方は回転を速く、一方はそれよりも遅くする機能ですが、錯雑地などで片方のタイヤが宙にあり、もう片方のタイヤが地面についた状態ですと、ディファレンシャル機能により空回りしてるタイヤは回転するが、地面についている方のタイヤはほとんど回転しない、という厄介なことが起こります。

jieitai_2

そうなると当然自動車は錯雑地を走ることはできません。そうならないように、便利なディファレンシャル機能をわざとロックするデフロック機能がついているのです。

殆どエアコンはついていない

またエアコンがついていない車両が多く、夏は暑く、冬は寒いが当たり前ですがそこは隊員個々の気合によりカバーされています。

戦車にもウインカー装備

ヘッドライト、テールライト等は道交法を厳守しており、あろうことか戦車にまでバックライトやウインカーがついています。また灯火管制下での車両機動、行動を考慮し、ライトの明るさを豆電球ほどの明るさに落とせるように「ライトロータリースイッチ」という自衛隊の車両でしか見たことのないスイッチがついています。

普段使用する場合、ヘッドライトを使用する場合、灯火管制下、さらに厳戒な灯火管制下と4段階あります。豆電球のようなライトで真っ暗な山道を走るのは非常に困難で、間違ってもハイスピードでは走れません。

24V直流の電極

その他、車両に無線機を積む場合も多いので、無線機用に床のふたを開けると24V直流の電極があります。無線機用のアンテナを取り付けるための架台も車両の4隅に取り付けてあり、無線機を使う場合にはそこに2m位のアンテナが取り付けられます。

jieitai_3

このアンテナがけっこう厄介で、自衛隊の使っている周波数帯用のアンテナは非常に長く、また根元の制御器も巨大でしっかり固定しておかないとグラグラしてきて、最悪走行中に外れてめちゃくちゃになることがあります。 

本来はすべての車両が装甲化されているのが望ましいのですが、いまだに布張りの車両が多く走っています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

自動車のコラム
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ