ランチア ラリー 037 (1982-1983):ラリー競技で戦うために生まれたミッドシップマシン

ランチア ラリー 037 Stradale

フィアット・グループは1982年3月に開催されたトリノ・ショーにおいて、ランチア・ブランドよりWRCのグループBに参戦するためのホモロゲーションモデル、「ラリー」を発表しました。ライバルのアウディがすでにフルタイム4WD方式を採用していたのに対し、「ランチア・ストラトス」で実績のあった手堅いミッドシップレイアウトが採用されました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

デザインはピニンファリーナが担当

ランチア ラリー 037 Stradale

車名はラリーが正式な名称であったものの、競技名との混同を避けるため通称037ラリーと呼ばれました。プラットフォームは「ランチア・ベータ・モンテカルロ」用のセンターモノコックをベースに、前後にチューブラーフレームを追加したものが用いられました。ボディタイプは2ドアクーペで、エクステリア・デザインはカロッツェリア・ピニンファリーナの手に委ねられました。

ランチア ラリー 037 Stradale

そのスタイリングは、エアロダイナミクスとたくましさを兼ね備えたものでした。ボディサイズは全長3,915mm×全幅1,850mm×全高1,245mmというショート&ワイドなもので、ホイールベースは2,440mmに設定されていました。また、車両重量は1,170kgでした。

ランチア ラリー 037の外観動画

ランチア ラリー 037のラリー走行シーン

エンジンはアバルト製を採用

ランチア ラリー 037 Stradale

エンジンは、アバルトがこのモデルのために開発した2L直4DOHC16バルブ・ルーツ式メカニカル・スーパーチャージャー仕様が搭載されました。ロード・バージョン「ストラダーレ」にはウェーバー40DCNVH15/250キャブレターが1基装着され、7.5:1の圧縮比から最高出力208ps/7,000rpm・最大トルク23kgm/5,000rpmのアウトプットを発生しました。

ランチア ラリー 037 Stradale

トランスミッションはZF製の5速MTが組み合わせられ、最高速度220km/h、0-400m加速タイム15sというパフォーマンスを発揮しました。サスペンション形式は前後ともダブルウィッシュボーン/コイル式で、フロントにはスタビライザーが備わっていました。また、ブレーキは前後ともにベンチレーテッド・ディスク式が装備されました。

LSDを装備

ランチア ラリー 037 グループB

ホイール&タイヤはフロントに8J×16インチホイール+205/55VR16タイヤ、リアに9J×16インチホイール+225/50VR16タイヤの組み合わせが装着されました。また、リアデフにはリミテッドスリップデフが装備されていました。一方インテリアは、水平基調のインパネに7眼式メーターが備わるほか、Aピラーやサイドシルにロール・ケージが組まれていました。

ランチア ラリー 037 グループB

WRCにおいては、当初「アウディ クワトロ」と互角の戦いを繰り広げたものの、のちに劣勢に立たされたため、排気量を2.1Lに拡大した改良版「エボリューションⅡ」が投入されました。ラリー037はコンペティション仕様を含め全部で200台余りが生産され、日本にもその一部が並行輸入されました。

ラリーシーンでのライバル:アウディ クワトロ

ラリーで活躍したランチャと言えば:ランチャ ストラトス

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ランチア時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ