プリンス(日産) スカイライン (2代目 1963-1968):途中から追加されたスポーツセダンのGT系は高性能車の代名詞に [S5]

シェアする

プリンス スカイライン 1500 1963

初代モデルがプリンス自動車より1957年4月にリリースされた中型乗用車「スカイライン」は、1963年9月に6年ぶり初のフルモデルチェンジを受け、2代目S5型に移行しました。先代から一クラス下に移行した一方で、途中から追加された6気筒エンジン搭載のスポーツセダン「GT」系は高性能車の代名詞的存在となりました。

ボディサイズを縮小

それまでのセミモノコック構造からフルモノコック構造に進化したボディのバリエーションは、4ドアセダンとステーションワゴンが用意されました。また、上級車種「グロリア」との姉妹関係を解消し、独自のボディが与えられました。そのスタイリングは、丸みを帯びたフォルムとテールフィンが特徴だった先代S2型セダンから一転し、虚飾を廃したプレーンかつスクエアなフォルムとなりました。

初期型のボディ・ディメンションは全長4,055mm×全幅1,495mm×全高1,410mm、ホイールベース2,390mmで、先代から一回り縮小されました。サスペンション形式は、フロントはダブルウィッシュボーン式が踏襲された一方、リアは凝ったド・ディオン・アクスル式からオーソドックスなリジッド・リーフ式に変更されました。

駆動方式はコンベンショナルなFRを踏襲し、エンジンは先代後期型の1.9L直4OHVから1.5L直4OHVのG1型(最高出力70ps/最大トルク11.5kgm)にダウンサイジングされました。グレードは、当初「デラックス」のモノグレード設定だったものの、翌1964年4月に廉価版の「スタンダード」が追加されました。

GT系2タイプを追加

プリンス スカイライン 2000GT 1964

その後1965年2月に、ボンネットフードを200mm延長するとともにホイールベースも200mm延長したセダンボディに、グロリア用をベースとした2L直4SOHCウェーバー3連キャブレター仕様エンジン(最高出力125ps/最大トルク17kgm)+4速MTを搭載する「2000GT」が追加されました。最高速度は180km/hに達し、その高性能に対応するためフロントにディスクブレーキが装着されました。

プリンス スカイライン 2000GT 1964

さらに同年9月、同エンジンのシングルキャブレター版(最高出力105ps/最大トルク16kgm)を搭載し、最高速度170km/hの性能を持つ「2000GT-A」が追加されました。同時に、従来の2000GTはグレード名が「2000GT-B」に変更されました。次いで1966年8月、プリンス自動車が日産自動車に吸収合併されたことに伴い、車名が「ニッサン・プリンス・スカイライン」に変更されました。

プリンス スカイライン 2000GT 1964

追って同年10月のマイナーチェンジでフロントグリルの意匠が変更され、翌1967年8月には1.5L車のエンジンが新開発された 直4SOHCのG15型(最高出力88ps/最大トルク12.2kgm)に置換されました。そして1968年8月にフルモデルチェンジが実施され、3代目C10型に移行しました。

日産 スカイラインの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK