TVR サガリス (2004-2006):軽量ボディに大排気量エンジンを組み合わせた同社最後のモデル

TVR サガリス 2004

イギリスのスポーツカー専門メーカーであったTVRは、2003年に新型2シーター・スポーツカー「サガリス」を発表、翌2004年に販売を開始しました。同社のポリシーに則り、軽量化を図ったボディに大排気量・大パワーのエンジンを搭載、高いパフォーマンスを発揮しました。しかし、その後TVRが2006年に経営破綻したことにともないサガリスも生産を終了、結果として同社最後のモデルとなりました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

コンパクトなボディ

TVR サガリス 2004

ボディの構造はチューブラフレームとFRPボディの組み合わせで、ボディタイプは前作「T350」同様2ドア・フィクスドヘッドクーペでした。スタイリングは、迫力溢れるフロントマスクや盛り上がったエンジンフードなど、レーシングカーのような雰囲気を醸すものでした。ボディ・ディメンションは全長4,057mm×全幅1,850mm(ミラー・トゥ・ミラー)×全高1,175mm、ホイールベース2,361mmでした。

TVR サガリス 2004

T350からは全長と全幅が拡大されたものの、ロータスのライトウエイトスポーツカー「エリーゼ」を一回り大きくした程度のサイズであり、絶対的には依然としてコンパクトでした。車両重量は1,078kgで、T350から100kg以上の軽量化を果たしていました。サスペンション形式は4輪ダブルウィッシュボーン式で、駆動方式は同社伝統のFRが踏襲されました。

TVR サガリスの走行シーン

TVR自社製のエンジンを搭載

TVR サガリス 2004

エンジンは、TVR自社製の4L直6DOHC24バルブNA(最高出力375ps/7,000-7,500rpm・最大トルク48.3kgm/5,000rpm)が搭載され、トランスミッションは5速MTが組み合わせられました。そのパフォーマンスは、最高速度298km/h・0-60mph加速3.9s・0-400m加速12.7sという第一級のものでした。

ステアリング形式はパワーシスト付きのラック&ピニオン式で、ロック・トゥ・ロック2回転のクイックなギアレシオを備えていました。また、ブレーキはフロントに322mm、リアに298mmのローターが備わる4輪ベンチレーテッド・ディスク式が採用され、ホイール&タイヤはフロントに8.5J×18インチホイール+255/35R18タイヤが、リアに8.5J×18インチホイール+255/35ZR18タイヤが装着されました。

割り切った装備

TVR サガリス 2004

装備面ではTVRの文法に則り、ABSやエアバッグシステムといった安全装備や、横滑り防止装置やトラクションコントロールなどの電子デバイスを持たない割り切った設計が行われていました。また、エアコンやディスチャージヘッドランプなども標準では備わらず、有料オプション装備となっていました。

一方、信頼性やアフターサービスの面では、それまでの同社製モデルは十分とは言い難かったのに対し、このモデルでははじめて車両本体に2年の保証が付けられました。サガリスは、日本市場にも右ハンドル仕様車が正規輸入されました。

スポーツカーを購入検討中なら、こちらもチェック!

GRスープラ値引き2022年5月-納期/実燃費/価格の評価
GRスープラの値引き/納期/実燃費レポート (2022年5月1日更新) トヨタのスポーツブランドGRから20...
ロードスター/RF値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
マツダ ロードスター/ロードスターRF(ND)の限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、おすすめグレード...
GR86値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
トヨタ 新型GR86の限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、おすすめグレード、値引き込み乗り出し価格(...
BRZ値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
スバル BRZの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、おすすめグレード、値引き込み乗り出し価格(支払い...
コペン値引き2022 納期 乗り出し価格 長所欠点 リセールバリューを解説
ダイハツ コペン GRスポーツ/セロ/ローブ/Xプレイの限界値引き額、甘い・渋いなどの値引き相場、納期、おすすめ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ