TVR タスカン (2代目 1999-2004):初代モデルの生産終了以来28年ぶりに復活

TVR タスカン (2代目 1999)

イギリスのスポーツカー専門メーカーであったTVRは、1999年に通算2代目となる2シーター・スポーツカー「タスカン」を発売しました。初代タスカンが1971年に生産を終えて以来28年ぶりの復活となったこのモデルは、コンパクトなボディに大排気量エンジンの組み合わせという同社の基本文法を守りながら、革新的な要素が取り入れられたことが特徴でした。

斬新なスタイリング

TVR タスカン (2代目 1999)

ボディの構造は、同社の伝統であるチューブラフレームとFRPボディの組み合わせが踏襲されました。ボディタイプは一見フィクスドヘッド・クーペ風でありながら、デタッチャブルトップが備わるタルガトップ仕様でした。スタイリングは、ロングノーズ・ショートデッキの古典的プロポーションを継承しながらも、うねるようなボディラインや縦型3灯式のヘッドランプなど、斬新なテイストが取り入れられました。

TVR タスカン (2代目 1999)

ボディ・ディメンションは全長4,235mm×全幅1,720mm×全高1,200mmで、ベースとなった「サーブラウ」とほぼ同等ながら、ホイールベースはそれより200mm以上短い2,361mmに設定されていました。車両重量は同社のモデルらしく1,060kgと軽量で、初代モデルと比較しても30kgの増加に留まっていました。

自社製エンジンを搭載

TVR タスカン (2代目 1999)

サスペンション形式は、これも同社の伝統となっている4輪ダブルウィッシュボーン式を踏襲しつつ、新たに車高調整式ダンパーが採用されました。駆動方式は、他の同社製モデル同様FRが採用されました。エンジンは自社製で、当初は4L直6DOHC24バルブ(最高出力360ps/最大トルク44.5kgm)が搭載されました。ステアリング形式は、パワーアシスト付のラック&ピニオン式が採用されました。

TVR タスカン (2代目 1999)

また、ブレーキは4輪ベンチレーテッド・ディスク式が装備されました。インテリア面では、半円状のスピードメーターの内側にデジタル式のタコメーターなどが備わるユニークなメーターパネルが採用されました。当初のグレードは「スピードシックス」のモノグレード設定で、同社のモデルに共通する特徴としてエアバッグやABS、横滑り防止装備などの安全装備はいっさい備わっていませんでした。

一方で、マニュアルエアコンやパワーウィンドウ、CDプレーヤー付カーオディオなどの快適装備や、レザーステアリング&レザーシートなどの豪華装備は標準で備わっていました。そして翌2000年に、エンジンが3.6L直6DOHC24バルブ(最高出力350ps/最大トルク40.1kgm)にダウンサイジングされました。

TVR タスカン (2代目 2002)

さらに2001年には、エアロパーツや専用サスペンションなどが備わるボディに、4L直6エンジンのアウトプットを最高出力390ps/最大トルク42.8kgmとして搭載する高性能グレード「S」が追加されました。そして2004年をもって生産終了となりました。日本市場においては、1999年から2005年にかけてスピードシックス/Sが正規に輸入販売されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ