ポルシェ パナメーラ (970 2009-):ポルシェ初の4人乗りセダン

シェアする

ポルシェ パナメーラ 2016 (出典:porsche.com)

ポルシェ パナメーラ 2016

ポルシェとして初の4人乗りセダンである「パナメーラ」は、2009年3月に受注が開始されました。ワールドプレミアは同年4月に開催された上海モーターショーで行われ、日本では同年11月開催の名古屋モーターショーで初公開されました。エンジンはSUV「カイエン」と共通で、同様にハイパフォーマンスグレードやハイブリッド/プラグインハイブリッド車も設定されました。

ボディ形状はテールゲートを備える5ドアハッチバックで、独特なフロントマスクなどセダンながら一目でポルシェと分かるスタイリングが備わります。ボディサイズは全長4,970mm/5,165mm×全幅1,930mm×全高1,420mm/1,425mm、ホイールベースは2.920mm/3,070mmで、ポルシェのラインナップで最も全長とホイールベースが長い車種となっています。車両重量は、1,800~1,970kgとなります。

グレードはまず3種類でスタート

サスペンション形式は、カイエンなどと同様の前:ダブルウィッシュボーン式/後:マルチリンク式で、駆動方式はFRとフルタイム4WDが設定されます。発売当初日本仕様に設定されたエンジン及びグレードは、4.8L V8NA(最高出力400ps/最大トルク51kgm)搭載のFRモデル「パナメーラS」と同4WDモデル「パナメーラ4S」、4.8L V8ターボ(最高出力500ps/最大トルク71.4kgm)搭載の4WDモデル「パナメーラターボ」でした。

ポルシェ パナメーラ 2016 (出典:porsche.com)

ポルシェ パナメーラ 2016

トランスミッションは欧州仕様に用意される6速MTは設定されず、全車7速PDK(DCT)との組み合わせでした。又、ポルシェとして初となるアイドリングストップ機構が装備されました。そして翌2010年3月に、3.6L V6 NAエンジン(最高出力300ps/最大トルク40.8kgm)搭載のFRモデル「パナメーラ」と同4WDモデル「パナメーラ4S」が追加されました。トランスミッションは7速PDKの他、前者には6速MTが設定されました。

ポルシェ パナメーラ 2016 (出典:porsche.com)

ポルシェ パナメーラ 2016

次いで2011年3月に、「パナメーラターボ」をベースに専用の内外装を備えると同時に、4.8Lターボエンジンを最高出力550ps/最大トルク76.5kgmまでチューンナップして搭載する「パナメーラターボS」が追加されました。又、専用装備としてコーナーリング時のロールを制御する「PDCC」や回頭性を高める「PTV Plus」、車速感応式の「サーボトロニック・ステアリングシステム」が備わります。

ポルシェ パナメーラ 2016 (出典:porsche.com)

ポルシェ パナメーラ 2016

次いで同年6月に、3L V6スーパーチャージドエンジンとモーター、そして8速トルコン式ATを組み合わせたパラレル式ハイブリッドシステム(システム最高出力380ps/システム最大トルク59.1kgm)を搭載する「パナメーラSハイブリッド」が追加されました。続いて同年11月に、「パナメーラS」をベースに4.8L NAエンジンを最高出力430ps/最大トルク53kgmまでチューンナップして搭載する「パナメーラGTS」が追加されました。

M/Cでパワートレインを改良

そして2013年4月にマイナーチェンジを実施し、エクステリア面ではフロント廻りやリア廻りのデザインが変更されると共に、インテリア面ではマルチファンクションスポーツステアリングホイールが採用されました。又、装備面も強化されオートマチックテールゲートが備わった他、安全運転支援システムとしてレーンチェンジアシストシステムなどが採用されました。

ポルシェ パナメーラ 2016 (出典:porsche.com)

ポルシェ パナメーラ 2016

同時に、「パナメーラSハイブリッド」に代り、プラグインハイブリッド化すると共にスペックをシステム最高出力416ps/システム最大トルク60.2kgmまで向上させた「パナメーラS-Eハイブリッド」が設定された他、「パナメーラS」及び「パナメーラ4S」のエンジンが3.6L V6ツインターボ(最高出力420ps/最大トルク53kgm)に置換され、動力性能と燃費が向上しました。

又、「パナメーラ4S」及び「パナメーラターボ」に、全長を195mm、ホイールベースを150mm延長し後席の居住性を高めた新グレード「エグゼクティブ」が追加されました。続いて同年11月に、一旦カタログ落ちした「パナメーラターボS」も遅れてマイナーチェンジを実施、ロングボディ版「パナメーラターボSエグゼクティブ」と共にラインナップに加わりました。エンジンのスペックは、最高出力570ps/最大トルク81.6kgmに向上しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK