BMW ミニ (2代目 2006-2013):先代のイメージを踏襲しながら基本設計を一新 [R56/57他]

BMW ミニ Cooper (2代目 2006)

初代モデルが2001年に発売されたパイクカー「BMW・ミニ」は、2006年に5年ぶりのフルモデルチェンジを受け2代目モデルに移行しました。内外装デザインは先代のイメージが踏襲されたものの、パワートレインの刷新など基本設計は一新されました。また、さまざまなボディ・バリエーションが追加されたのも2代目モデルの特徴でした。

ハッチバックのみでスタート

BMW ミニ Cooper (2代目 2006)

ボディタイプは、オープンタイプのコンバーチブルが初代モデルのまま継続販売されたため、当初は3ドアハッチバックのみでのスタートとなりました。ボディ・ディメンションは全長3,699mm×全幅1,683mm×全高1,407mm、ホイールベース2,467mmで、全長がわずかに延長されたことをのぞき先代と同等でした。

BMW ミニ Cooper (2代目 2006)

サスペンション形式はフロント:ストラット式/リア:マルチリンク式が踏襲され、駆動方式も先代同様FFのみが設定されました。エンジンは、フランスのPSAグループと共同開発した1.6L直4DOHCが採用されました。ラインナップは最高出力120ps/最大トルク16.3kgmのNA仕様と最高出力175ps/最大トルク24.5kgmのターボ仕様の2種類で、「クーパー」に前者が、「クーパーS」には後者が搭載されました。

CVTに代わり6速ATを設定

BMW ミニ Cooper D (2代目 2007)

組み合わせられるトランスミッションは、いずれも6速MTまたは6速トルコン式ATで、先代のNA車に設定のあったCVTは廃止されました。また、ブレーキはフロントがベンチテーテッド型の4輪ディスク式が踏襲されました。走行性能に係る装備としては、オートマチックスタビリティコントロール+トラクションコントロールやコーナーリングブレーキコントロールなどが採用されました。

その後、2007年に1.4L直4DOHCエンジン(最高出力95ps/最大トルク14.3kgm)を搭載するベーシックグレード「ワン」と、1.6L直4DOHCディーゼルターボエンジン(最高出力110ps/最大トルク24.5kgm)を搭載する「クーパーD」が追加されました。さらに同年、4ドアステーションワゴン型の派生モデル「クラブマン」がリリースされました。

コンバーチブルを追加

BMW ミニ (2代目 2006-2013)

次いで2008年には、1.6Lターボエンジンのアウトプットを最高出力211ps/最大トルク28.6kgmまで高めて搭載するホットバージョン「ジョンクーパーワークス」が追加されました。また、同じ年に新たなバリエーションとなる4ドアセダン版の「カントリーマン」がリリースされたほか、コンバーチブルが2代目にフルモデルチェンジされてラインナップに加わりました。

BMW ミニ John Cooper Works (2代目 2008)

このうち、コンバーチブルには専用チューニングのサスペンションが採用されたほか、転倒時の安全対策として新開発の電子制御機械式ロールオーバーバーが装備されました。次いで2010年5月に一部改良が実施され、ワンのエンジンが1.6L直4DOHC(最高出力98ps/最大トルク15.6kgm)に置換されたほか、クーパーS用ターボエンジンに可変バルブタイミング機構が採用され最高出力が184psに向上しました。

BMW ミニ John Cooper Works (2代目 2008)

また、燃費・環境性能対策として、ジョンクーパーワークスをのぞく全車にブレーキエネルギー回生システムが、MT車にアイドリングストップ機構が採用されました。追って同年9月に再び一部改良が実施され、エクステリアの一部変更とともに、1.6L直4DOHCディーゼルターボエンジンを搭載する「ワンD」と「クーパーD」が追加されました。

BMW ミニ John Cooper Works (2代目 2008)

エンジンのスペックは、ワンD用が最高出力90ps/最大トルク21.9kgm、クーパーD用が最高出力112ps/最大トルク27.5kgmでした。次いで2011年、3ドアハッチバッククーペの「ペースマン」、2ドアクーペの「クーペ」、2ドアコンバーチブルの「ロードスター」が相次いで投入されました。そして2013年、ハッチバックにフルモデルチェンジが実施され現行型に移行、コンバーチブルは遅れて2016年に現行型にバトンタッチされました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

MINI
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ