三菱 コルト1000/1100/1200/1500 (1963-1970):コルト600の上級モデルとして登場した小型車

三菱 コルト1000セダン (1963)

三菱重工業は1963年7月、エントリーモデル「コルト600」の上級モデルとなる小型車「コルト1000」を発売しました。同社として初めて4ドアセダンが設定された車種ながら、一部に先進的な設計が採用されたコルト600に対し、堅実性重視のコンサバティブな設計となっていました。のちに排気量を拡大したモデルが追加されるなど、ラインナップの拡充が図られました。

FR方式+リジッド式リアサスを採用

三菱 コルト1000セダン (1963)

車体はモノコック構造で、当初のボディタイプは前述の4ドアセダンのほか、3ドアライトバンも用意されました。スタイリングは直線基調のボディラインやフラットデッキのフォルム、大型グリル採用のフロントマスクなどが特徴でした。ボディ・ディメンションは全長3,830mm×全幅1,490mm×全高1,420mm、ホイールベース2,285mmで、コルト600よりも二回りほど大きいサイズとなっていました。

三菱 コルト1500 ステーションワゴン (1963)

駆動方式はコルト600に採用されたRRに代わり、コンベンショナルなFRが採用されました。エンジンは、水冷4ストローク1L直4OHVのKE43型(最高出力51ps/最大トルク7.3kgm)が搭載されました。組み合わせられるトランスミッションはフルシンクロの4速コラム式MTで、最高速度125km/hの性能でした。

ホイールベースを延長した1500シリーズを追加

三菱 コルト1100 ピックアップ (1966)

また、サスペンション型式はフロントにウィッシュボーン/コイルが、リアには古典的なリジッド・リーフ式が採用されました。その後1965年10月に、前年に登場した高級セダン「デボネア」との格差を埋めるモデルとして、1.5L直4OHVのKE45型エンジン(最高出力70ps/最大トルク11.5kgm)を搭載する上級グレード「1500」が追加されました。

三菱 コルト1100 セダン (1966)

外観面では、1000から全長とホイールベースが延長されたほか、ヘッドランプが2灯式から4灯式に変更されていました。次いで1966年9月、1000に代わるモデルとして、1.1L直4OHVのKE44型エンジン(最高出力58ps/最大トルク8.2kgm)を搭載する「1100」がリリースされました。さらに同年12月には、1100用のボディに1.5Lエンジンを搭載するとともに、フロントにディスクブレーキを装備した「1500スポーツセダン」が追加されました。

ツインキャブ仕様車を追加

三菱 コルト1200 セダン (1968)

次いで1968年5月にマイナーチェンジが実施され、セダンのフロントまわりやリアまわりの意匠が一新されるとともに、ボディが1500系のロングホイールベース仕様に一本化されました。同時に、チルトステアリングの標準化や3速トルコン式ATの設定などが行われれたほか、1100が1.2L直4OHVのKE46型エンジン(最高出力62ps/最大トルク9kgm)搭載の「1200」に置き換えられました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

三菱その他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ