三菱 ストラーダ (初代 1986-1997):フォルテの後継モデルとして登場したピックアップトラック [KB-K34T]

三菱 ストラーダ (初代 1986)

三菱自動車工業は1986年、「フォルテ」の後継モデルとなる新型ピックアップトラック「ストラーダ」を発売しました。国内での販売も行われていたフォルテと異なり、当初は北米市場をメインとした輸出専用モデルであったものの、1991年5月にようやく国内販売が開始されました。フォルテからボディサイズが拡大されており、クラス最大の積載量を誇りました。

4WDモデルは外観を差別化

三菱 ストラーダ (初代 1986)

ボディタイプは、1列シートのシングルキャブと2列シートのダブルキャブが用意され、日本には後者のみが導入されました。スタイリングは直線基調の無骨なもので、フロントマスクには角型2灯式ヘッドランプが備わっていました。ボディ・ディメンションは全長4,501~4,990mm×全幅1,655~1,740mm×全高1,486~1,770mm、ホイールベース2,680~2,950mmでした。

駆動方式はフォルテ同様FRとパートタイム4WDが設定され、後者はワイドトレッド化されるとともにサイドプロテクトモール一体型のワイドフェンダーが備わっていました。エンジンは、輸出仕様には2L直4/2.4L直4/3L V6のガソリンNA3種類と、2.5L直4ディーゼルターボが用意されました。

日本にはディーゼルエンジン搭載4WDのみを導入

三菱 ストラーダ (初代 1986)

これらのうち、日本には2.5L直4ディーゼルターボエンジン(最高出力85ps/最大トルク20kgm)搭載の4WD仕様が導入されました。組み合わせられるトランスミッションは、5速MTのみの設定でした。サスペンション型式は、フロントがダブルウィッシュボーン/トーションバー独立懸架式、リアがリジッド・アクスル/リーフ式でした。

また、ブレーキはフロントにベンチレーテッド・ディスクが、リアにドラム式が採用されました。日本仕様のグレード体系は、標準グレード「S」と上級グレード「R」の2タイプのラインナップで、室内は両グレードともにフロントにバケットシートが備わる5人乗り仕様となっていました。タイヤサイズは両者で異なっており、Sには195R15が、Rには255/70R15が装着されました。

一方、最小回転半径は両グレード共通の6.8mとなっていました。また、装備面では両グレードにチルトステアリングや4スピーカーなどが備わるほか、さらにRにはアルミホイールやカセットプレーヤー付カーオーディオなどが採用されました。その後1992年10月に仕様向上が図られ、Rにパワーウィンドウや集中ドアロックが標準装備されました。

次いで翌1993年10月にマイナーチェンジが実施され、フロントグリルやバンパーなどの意匠が変更されるともに、サイドインパクトビームの採用により安全性が向上しました。続いて1994年8月、Rをベースとした特別仕様車「ブラックエディション」が設定されました。そして1996年に輸出仕様車が、追って翌1997年6月に国内仕様車がフルモデルチェンジを受け、2代目KC-K74T型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

三菱その他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ