BMW M1 (E26 1978-1981):BMW初のMRを採用したスーパースポーツ

BMW M1 1978-81

BMW M1 1978-81

BMWは1972年、モータースポーツ部門を「BMWモータースポーツ社」として独立させ、エンジンやパーツの供給と、そのノウハウを生かしたロードカーの開発を委託する事となりました。そうした経緯において開発が手掛けられた初のコンプリートカーが「M1」で、グループ5レースでポルシェに対抗する事を目的としたホモロゲーションモデルでした。

生産はランボルギーニからバウアへ

プロジェクトは1976年に開始され、駆動方式はMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)が採用されたものの、同社は同方式の経験がなかった為、生産はMRスーパーカーで豊富な経験を積んでいたイタリアのランボルギーニ社に委託されました。しかし、生産が酷く滞った為1978年に契約は解消され、組み立てはBMW車のカブリオレボディの制作で実績のあったバウア社に委託されました。

BMW M1 1978-81

BMW M1 1978-81

こうして当初の予定通り、同年秋のパリサロンにおいて市販バージョンがお披露目されました。車体は鋼管セミスペースフレーム構造のシャシーにFRP製ボディを架装したもので、デザインを手掛けたのはイタル・デザインに在籍していたジウジアーロでした。スタイリングは、1972年に発表された試作モデル「BMW・ターボクーペ」に類似したデザインのフロント廻りが採用されました。

 

一方、ドアはターボクーペのようなガルウイングタイプではなく、一般的なヒンジタイプに変更されました。又、空力特性を表すCd値は0.4でした。ボディサイズは全長4,360mm×全幅1,824mm×全高1,140mm、ホイールベースはこの種のモデルとしては長い2,560mmで、車両重量は1,300kgでした。サスペンション形式は4輪ダブルウィッシュボーン式で、ブレーキは4輪ベンチレーテッドディスク式が採用されました。

 

BMW M1 1978-81

BMW M1 1978-81

BMW M1のインプレッション(Top Gear)

BMW M1 (Top Gear) HQ

BMW M1のレーシングモデル走行シーン

BMW M1 ProCar w/ Straight Pipes Pure Sound! Best sounding BMW inline-6?

エンジンはチューニングの異なる3種のバージョンを用意

エンジンは、スポーツクーペ「3.0CSL」に搭載された3L直6DOHCユニットをベースに、排気量を3.5Lに拡大しマルチポイントインジェクションを装備したもので、ロードバージョンの場合9.0:1の圧縮比から277hp/6,500rpmの最高出力と33.7kgm/5,000rpmの最大トルクを発生しました。トランスミッションは5速MTが組み合わせられ、最高速度262km/h・0-100km/h加速5.9sの動力性能を発揮しました。

BMW M1 1978-81

BMW M1 1978-81

このロードバージョンと同時に、圧縮比を11.5:1まで高め最高出力470hp/9,000rpmを発生するグループ4バージョンと、排気量を3.2Lに拡大すると共にKKK製ターボチャージャーを装備し、最高出力850hp/9,000rpmを発生するグループ5バージョンが用意されました。これらのコンペティションモデルは、競技規制改正の煽りを受け十分な活躍の場が得られないまま終わりました。

BMW M1 1978-81

BMW M1 1978-81

又、生産工程が複雑であった為生産ペースが月3~4台に過ぎなかった事や、ライバルと目された「ポルシェ・911」や「フェラーリ・308」の約2倍という高価な販売価格が影響し、ロードバージョンの販売も振るいませんでした。総生産台数は、レースのホモロゲーション獲得に必要な400台を僅かに超える447台でした。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

Mシリーズ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ